牙狼<GARO>VANISHING LINE 第8話 KNIGHT レビュー ド迫力で大満足




注意:ネタバレです

あらすじ

シスターの命を奪ったナイト。

ショックで放心状態のソフィ。

ナイトはキングの命令でソフィを連れて行こうとしていた。

駆けつけたソードが割って入る。

そこへ銃弾が飛んで来る。

ルークの銃弾がナイトを吹っ飛ばした。

ビルの外へ飛び降りたナイト。

怒りに震えたルークが待ち構えていた。

ナイトは以前、誇り高い白銀騎士だった。

しかし、暗黒騎士に落ちてしまった。

幼い頃のルークの目の前で母親の命が奪われた

ルークの中に過去の記憶が頭をもたげて怒りが噴き出してくる。

銃弾を嵐のようにナイトに浴びせるルーク。

しかし、銃弾はことごとく避けられてしまった

ナイトの薙刀がルークを貫く。

ビルの屋上から落とされるルーク。

ナイトが止めを刺そうと飛び降りた。

間一髪、ソードの乗った魔導二輪がルークを受け止める。

怒りに震えるソード。

ナイトが暗黒騎士の鎧をまとった。

ソードも鎧を召喚する。


牙狼VANISHING LINE 公式twitterから引用
©「VANISHING LINE」雨宮慶太/東北新社

激しくぶつかり合う黄金騎士と暗黒騎士。

街を巻き込み、ビルに穴を開けながら戦う二人

挑発する暗黒騎士にパンチを浴びせるソード。

不敵な言葉を残して暗黒騎士は消えてしまった

フェイロンの元へ避難したソフィ。

メイファンが地下の通路を通ってソフィを避難場所まで連れて行く。

地下通路は結界が貼られていて安全なはずであった。

しかし、結界の一部が壊されている。

それに気づいたメイファンとソフィが走る。

無数のホラーが群がって来て囲まれる二人。

もうダメかと思われた時、メイファンが手にした札が光を放った。

広がる光。

苦しみだしたホラーが消滅した。

メイファンとソフィは危機を脱した。

レビュー

もう、お腹いっぱいの状態。

ド迫力の戦闘シーン。

鎧をまとった黄金騎士と暗黒騎士のガチンコ勝負は迫力満点。

今まで、あんまり出てこなかった黄金騎士の不満を吹っ飛ばすように、これでもかこれどもかと続く。

この戦闘シーンは、アクターによる実写撮影をアニメに落とし込んでいる。

道理でリアルで自然に流れるような動き。

深夜アニメに、これだけの予算をつぎ込むとは嬉しいね。

シリーズが続いている牙狼。

スポンサーが一社なので、しがらみがなく自由に出来る背景があるからなのかも。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

黄金騎士よりも暗黒騎士の造形がカッコよくて目が行ってしまう。

口の中に顔があるのも不気味でかっこいい。

ビルからビルへぶち抜きながらの戦闘は、ドラゴンボールみたい。

高層ビルを破壊してしまうとは暗黒騎士の力は、とんでもないね。

パンチで勝負する黄金騎士。

ソードらしいね。

ガチンコでの格闘戦はソードに分があるわ。

ボコボコに殴られてる暗黒騎士。

防御力も半端ないね。

これは、どうやって止めを刺すんやろう。

結局、勝負はつかずに暗黒騎士は姿を消してしまった。

ルークとナイトの戦闘。

銃と薙刀の戦闘。

接近戦では銃は不利。

ことごとく銃弾をかわされている。

二丁拳銃で撃ちまくるルークの姿。

どこかで見た事あると思ったら、デビルメイクライのダンテや。

長いコートを着てるスタイルもどことなく似ている。

ルークのモデルはダンテなのかも?

ルークの怒りようは尋常ではないね。

ナイトは、最初ルークの事を気付いてなかったみたい。

ルークの子供の頃しか知らないみたい。

やっぱり、ナイトはルークの父親やね。

ルークに騎士としての稽古をつけていた父親。

かつては白銀騎士として正義のために戦っていたよう。

なぜ白銀騎士が暗黒騎士になってしまった。

ダークサイドの力の誘惑に負けてしまった結果なのか?

暗黒騎士になってルークの目の前で母親の命を奪った。

ルークは魔戒法師となって、暗黒騎士となった父親を追っていたんやね。

ルークとダークサイドの騎士。

これって、ルーク・スカイウォーカーとダースベイダーがモデル?

名前がルークで暗黒騎士が父親。

似てるね。

ルークの安否が心配。

普通なら死んでるよ。

薙刀で腹を貫かれてる。

シスターよりも、ひどい怪我。

魔戒法師は、瀕死の重傷を負っても死なない訓練でもしてるのか?

魔導二輪のシートに放置されてるけど早く手当てした方がいいよ。

シスターは、本当に死んでしまったのか?

アイキャッチで無音のシスター。

鳥肌立った。

これを見る限りは死んでしまったんやろうね。

実は気絶してただけという展開も期待したけど、あの傷では無理か。

いいキャラやっただけに残念。

ソフィアは、放心状態やね。

兄を探してたら、とんでもない事に巻き込まれてしまった。

面倒を見てくれていたシスターが目の前で殺された。

シスターを殺した男が自分を連れて行こうとしている。

街が壊滅状態になっている。

全ては自分をめぐって起こった事。

訳が分からんけど責任を感じてしまうと思う。

全てはエルドラドキングが起こしている。

暗黒騎士を従えている者。

一体、何者なのか?

ソフィに、どんな用があるのか?

捜している兄が関係しているのは間違いないやろうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする