【アニメ】鬼灯の冷徹 第弐期 第21話「芥子という兎/範疇」感想(ネタバレ)<絶対無理!>




注意:ネタバレです

hozukinoreitetsu
鬼灯の冷徹 公式サイトから引用
©江口夏実・講談社/「鬼灯の冷徹」第弐期製作委員会
©King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

レビュー

芥子という兎

カチカチ山のタヌキを撃退した兎の芥子。

彼女は男気に溢れた性格なんやね。

だからかもしれへんけど、史実ではオス兎のように記されてる

性別は記されてないけど、どう見てもオス兎。

メス兎のような記述は一切されてない。

これは芥子の性格によるところが大きいと思うわ。

何といっても男気に溢れた性格。

そんな性格やから意地悪なタヌキを撃退できた。

これが女らしい女々しい性格やったら、勇気を出してタヌキを撃退なんかできなかったはず。

理想の男性が鬼灯とは筋金入りやね。

鬼灯が鬼やからあきらめがつくけど、ウサギやったら猛アタックをかけてるに違いない。

合コンみたいな軟派な場所はむしずが走る。

それが分かってるのに芥子を誘う友達も何を考えてるんやろ?

断るに決まってるやん。

行くはずないやん。

友達にとっては誰でもよかったんやね。

数合わせをしたかっただけ。

これって余計にムカつくよね。

いったん断ったのに人数がそろわんかったんや。

しつこい電話がかかってきた。

人数がそろわんかったから、なんとか参加して欲しい。

行けへんと言うてるのに、しつこく誘ってくる。

男気に溢れてるから困ってる友達を見捨てる事ができひん

でも、一人で行くには抵抗があったみたい。

それで誘ったのが鬼灯とは濃いね。

兎の合コンに仏頂面の鬼が参加してる。

兎用の料理やから、あんまり食べる物があれへんね。

その中でもバーニャカウダは気に入ったみたい。

芥子とは対照的な軟派なオス兎が参加してる。

こちらも史実で有名な因幡の白兎。

ビッグネームやけど、実物はチャラチャラしてるんや。

一言多いタイプなんやと思うわ。

鮫の背中を渡って行った時にも、最後に余計な事を言わんかったら皮を剥がれる事もなかったはず。

まあ、それがあって古事記にとりあげてもらったから、結果的には良かったんやけど。

助けてもらった大国主命も軟派な優男やったんやね。

ナヨナヨしたチャラ男ばっかりやん。

この傾向は、脈々と今に受け継がれてるんやね。

なおさら、芥子の男気がカッコよく見えてしまうわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

kachikachiyama

範疇

女やったら、何でもええという人いてるよね。

白澤もストライクゾーンが広い人のひとり。

女は、みんな可愛いとか言うてた。

それにしても、これはストライクゾーンがどこまで広がって行ってるんやろ?

中身は女子やけど見た目は受け入れる事が出来るんかな?

白澤のお茶の相手が牛頭やん。

もう女という範疇を越えてるよ。

女でなくてメスと言う方がピッタリな感じがするよ。

でも、これは芥子と鬼灯の勝手な想像やったね。

牛頭が牛鬼の出産祝いに迷って相談してただけやった。

牛鬼の出産てどんな感じなんかな?

ワラワラと小さいのが大量に生まれてくるのかな?

想像しただけで体がムズムズと痒くなってくる。

誤解は解けたが人型の女なら何でも受け入れるのかと疑問が残るわ。

そこで鬼灯が究極の兵器を呼び寄せた。

ピンクのシルエットが悪態をつきながら近づいてくる。

周りに

「ブ~ス!ブ~ス!」

と失礼な言葉を浴びせながら近づいてくる。

自分は可愛いと思ってる勘違いしてる天邪鬼。

鬼灯が地獄の究極兵器を呼び寄せた。

鬼灯は絶対に面白がって呼んでるはず。

自撮りをしまくる天邪鬼。

こいつは鏡を見た事あるはずやけど自分は可愛いと思ってる。

こいつの目にはどんな感じで映ってるのか見てみたい。

そのまま映ってたら美的感覚が崩壊してると思うわ。

白澤を見て点数付けてるよ。

周りは圧倒されてる。

そこに存在しているだけで周りをイライラさせる存在。

特に動物には刺激が強いみたい。

牛頭と芥子が妙にイラつき始めた。

前はルリオがイラついてロケット頭突きを見舞った。

さすがに白澤も引いてるわ。

これは女の範疇には入らんみたい。

女の範疇どころか人の範疇にも入って欲しくないわ。

何を思ってこんなフリフリでピンクな恰好をしてるの?

これは犯罪やん。

視界に入ってくるのは大迷惑。

見たくない。

見たくないよ。

見てしまったらピンクが目に焼き付いてしまう。

白澤が言い寄った女性は、みんな綺麗な人ばっかりやったやん

人型やったら何でもいいと言う訳ではなさそうやね。

やっぱり、美しい人の方がええよ。

当然、奪衣婆なんかも論外やん。

そこまでストライクゾーンは広くない。

座敷童の一子と二子も可愛いとは思うけど、可愛いの意味合いが違う。

手は出さんと思うけど万がいち出せば犯罪になってしまうよ。

そんなこんなを考えると白澤なりの女性を選ぶ基準があるのは確かやね。

その基準に天邪鬼はどう考えても入ってない。

いやっ、考えんでも入ってないのは分かるわ。

この天邪鬼を受け入れる強者はいてるのかな?

世の中には物好きな人もいてるから、そのうち現れるかもしれへん。

でも、そんな事が起こったら天変地異が起こりそうやね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする