【海外ドラマ】ジェシカ・ジョーンズ シーズン3第1話「完璧なバーガー」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

jessicajones
NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2019Netflix.inc

レビュー

ジェシカ・ジョーンズが帰って来た。これでファイナルシーズン。しょうがない。マーベルのドラマは全て撤退が決定済み。残念だけどしょうがない。しっくりこない毎日。探偵稼業はそれなり。ヒーロー稼業もそれなり。知らん間に刑事と契約を結んでいた。問題解決の依頼を受けてこなしていく毎日。親権がないのに娘を連れ去った父親。悪者でも何でもない。むしろ娘は父親に懐いている。このまま放っておく方が娘のためになるかもしれない。でも、法律上は父親が悪者。いくら娘が訴えても動かない事実。世の中は法律で成り立っている。父親の必死の抵抗も虚しくジェシカには通用しない。ジェシカの事を知らないはずは無いけど娘を奪われたくない気持ちからジェシカの腕を掴んでしまった。放り投げられる父親。これを世間が見たらどう思うか?やっぱりヒーローは暴力的。暴力で解決する野蛮人。そう取られても仕方がない。ネットの普及した現代では素行に注意しなければアウト。誰が動画を撮っているのか分からない。動画を取られたら瞬く間に世界中に配信。父親を投げ飛ばした動画も再生回数うなぎのぼり。

ホガースの病気が静かに進行する。突然足が動かなくなる恐怖。このまま動けなくなってしまい死んでしまうかもしれない。困った時のジェシカ。汚れ仕事はジェシカへ。薬を飲んで自ら命を絶つ計画。計画には穴があった。いよいよ最後の瞬間になったら体が動かない状態。薬さえ一人で飲む事は出来ない。その汚れ役の白羽の矢がジェシカに立った。利害が一致するかもしれない。動画を消したいジェシカ。法的に訴えてもらうのが一番効果が高い。でも、汚れ仕事に乗り気でない。死にたいなら今死ねと、無茶苦茶な理論。「ゲロで窒息死しろ」この言葉には思わずニヤケてしまった。ブレイキングバッドのエピソードやね。薬中でゲロ吐いて窒息して死んでたもんね。ジェシーに見捨てられてたもんね。懐かしいエピソード。ブレイキングバッドを観てた人なら、思わずニヤリとするセリフ。

もう、誰も失いたくない。大事な人がいなくなるのは辛すぎる。だから、好きな人たちを遠ざける。電話番は嫌いなタイプ。自分が嫌いな人間なら巻き込まれても心の傷は浅くて済む。もう、あんな辛い想いはしたくない。こんな電話番でもいないよりはまし。ジェシカは外回り。電話番なんかしている暇はない。定時できっちり変える強者。休みの日の仕事の電話もお断り。徹底してる。ここまで徹底してたら情も湧くことも無いか。唯一ジェシカが心を開く少年。上の階に住んでる少年。両親が離婚の危機。なぜかジェシカに懐いている。大人にはつっけんどんなジェシカも子供には優しいお姉さん。子供は正直。そんな所がジェシカの心を開かせるのか?

hamburger

迷惑千万なドロシー。ジェシカが二度と会いたくない人。みんながジェシカを頼ってくる。もう、うんざり。ジェシカの気持ちなんかおかまいなし。何回、ドアを開け閉めする。いつまでノックをし続ける。迷惑おばさんドロシー。さすが面の皮が厚すぎる。行方不明のトリシュを捜索願い。表ざたには出来ない事情。そんな事を表ざたにすればトリシュの商品価値が下がってしまう。それを考えたドロシー。頼るべきはジェシカ一択。まるで隠れ家のようなトリシュの新居。女性の一人暮らしとは思えない殺伐とした雰囲気。血まみれの鎖は何を意味する。考えをめぐらすにはドロシーは邪魔すぎる。締め出されたドロシー。自業自得。そこにいない方がジェシカがドロシーを見付けるのは早いはず。ヒーローになりたい者とヒーローにうんざりしている者。対照的な二人。トリッシュは壊れてる。自ら危険に飛び込んでいる。思わずジェシカが助けに行かなかったら撃ち殺されていたかもしれない。トリシュにはありがた迷惑。

マルコムとの溝。今やホガースの犬となったマルコム。ジェシカとも他人行儀な感じ。ホガースの汚れ仕事担当。いいように使われてる。飲酒運転の野球選手の尻ぬぐい。金があれば何でも許される世の中。矛盾を感じるマルコム。飲酒運転の片棒を担ぐことに違和感。やめようと思っても後ろ髪惹かれる。彼女もホガースの事務所の一員。自分一人だけの問題ではないからややこしい。啖呵を切ったのは一瞬だけ。ホガースに丸め込まれて元の鞘。この辺はホガースが一枚も二枚も上手。しかし、怒りが収まらないマルコム。行動力が凄すぎる。盗難車で飲酒運転の野球選手に特攻。正義の制裁を下すマルコム。これで野球選手の飲酒運転が公になる。

バーで知り合った男をホイホイ家に連れてくるとは尻軽。どんな男よりも自分の方が強いと言う自負があるから出来る事。羨ましい。そんな簡単に事が進むとは羨ましい。行動した者勝ち。ダメもとで声をかけてみるもの。大抵の人はジェシカがホイホイ家に連れて行ってくれるとは思っていない。ヒーローの前にジェシカも一人の女。人並みの欲求はあるはず。完璧なハンバーガーを語るエリック。何者なのか気になる人物。大丈夫なのかジェシカ。急展開が訪れる。いきなり刺されたらさすがのジェシカも対応できない。ナイフで刺されたら普通の人と何ら変わらない。かなりの出血量。でも目は死んでいない。むしろ生き生きとギラギラしている。敵をロックオンしたヒーロー。生きがいを見つけたヒーロー。見つけ出して復讐してやる。その前に病院に行かないと死んでしまう。幸いマルコムが発見してくれた。エリックはおあずけ状態。その欲求は、どう処理する?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)



スポンサーリンク
レクタングル(大)