七つの大罪 戒めの復活 第7話「記憶が目指す場所」レビュー 




注意:ネタバレです


七つの大罪 戒めの復活 公式twitterから引用
© 鈴木央・講談社/「七つの大罪 戒めの復活」製作委員会・MBS

レビュー

巨人族の里メガドーザへ里帰り

ディアンヌは、巨人族の里メガドーザで、巨人族の戦士になるために、修行をしてたんやね。

戦士長のマトローナに鍛えてもらってたんや。

マトローナは、強者揃いの巨人族をまとめてるだけあって、情け容赦ないね。

超スパルタ。

でも、しょうがないよね。

遊びやないねんから。

一歩間違えたら、命を落とすかもしれへん世界

甘い事は言ってられない。

巨人族は、金で雇われて戦う事で、生計を立ててる。

巨人族には、それぐらいしか出来る事がない。

だから、昔から受け継がれてきた、生きるための方法なんやね。

でも、ドロレスもディアンヌも優しすぎる

戦いでは、優しさは必要ない。

むしろ、命取りになってしまう。

二人とも巨人族でなかったら、他の選択肢もあったかもしれへん。

でも、巨人族に生まれた限りは、戦う事を宿命づけられてる、あきらめて戦いに身を投じないとしょうがないね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

キング怒りのパンチ

ディアンヌは、ゴウセルに記憶を消されてしまった。

だから、自分がリオネス王国にいてる事が、理解できないんやね。

留まる理由がないから、メガドーザを目指して、一人で出発してしまった。

結構な距離があるけど、体が大きい巨人族なら、徒歩でも行くことが出来るんやね。

さすがに、キングもめっちゃ怒ってるわ。

無理もないよ。

やっと、記憶が戻ったディアンヌと会うのを楽しみに帰って来たのに、最近の事までスッカリ忘れてたんやから。

ゴウセルを思いっきり殴ってるけど、殴られてもしょうがないよ。

ゴウセルは、それだけ酷い事をしたんやから。

でも、感情の無いゴウセルやから、何とも思ってないね。

その態度が火に油を注いで、より一層腹が立ってくるわ。

友達のドロレスが・・・

ショックやね。

マトローナの元で一緒に頑張って修行してたドロレスが、いなくなっていた。

久しぶりに里帰りしたら、いきなりショックな事を告げられるとは酷やわ。

一応は、独り立ち出来るようには、なってたんやね。

用心棒として派遣された鉱山街で、山賊と交戦して命を奪われてしまったんや。

やっぱり、向いてなかったんかもしれない。

でも、巨人族やから、しょうがないんや。

弱い奴は淘汰されていく。

強い奴だけが生き残るのが巨人族。

ドロレスも、それが分かってたからこそ、危険な仕事を引き受けて、全うしようとしたんやろうね。

マトローナの厳しさの意味

マトローナが、厳しくディアンヌを鍛えてたのには、理由があったんやね。

ディアンヌの両親から、一人でも生きて行けるように強く育てて欲しいと、頼まれてたんやね

だからこそ、外の世界で危険な目に遭っても、切り抜ける事が出来るように厳しくしてたんや

ただ単に、ディアンヌに辛く当たってた訳ではなかった。

根底には、ディアンヌを一人前に育てると言う、愛情が流れてたんやね。

だからこそ、兵士の罠にはまった時も、身を挺してディアンヌを守った。

マトローナ一人なら、おかしいと気付いたのかもしれない。

でも、ディアンヌと一緒の作戦。

ディアンヌが危険な目に遭わないように、気を配らなければならない。

注意力が、削がれてしまったのかもしれない。

マトローナ散る

さすがに、巨人族の戦士長マトローナでも、毒矢には勝たれへんかったね。

リオネスの聖騎士ギャノンに、罠に嵌められてしまった。

不穏な空気を察知して、間一髪でディアンヌをかばった。

でも、自分の足に毒矢が刺さってしまった。

ただの矢なら、どうと言う事はないけど、強力な毒を塗られていては、手も足も出ない。

でも、さすがは戦士長マトローナ。

普通の巨人族なら、既に気を失ってるかもしれないのに、必死で気力で持ちこたえてる。

自分が倒れてしまったら、ディアンヌの命が危険に晒されるのが、目に見えてる。

何があっても、自分は倒れるわけにはいかないと、踏ん張ったんやね。

最後の力を振り絞って、兵士たちを串刺しにしてしまった。

恐るべしやね。

でも、力尽きてしまったマトローナ。

ディアンヌをかばって、やられてしまった。

ディアンヌは、ショックやろうね。

自分をかばってマトローナが、命を落としてしまった。

心の底に深い傷が、残ってしまった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする