重神機パンドーラ 第23話「生命の環」・第24話「進化の果て」レビュー(ネタバレ)



注意:ネタバレです

pandora
重神機パンドーラ公式サイトから引用
©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

レビュー

第23話:生命の環

今回は、雰囲気が一風変わってるね。なんか科学ドキュメンタリーみたい。全てが説明調になってる。B.R.A.Iが、驚異的なスピードで進化してると言う事を伝えたかったみたいやね。でも、ここまで尺を取る必要があるのかな?なんか、中だるみしてしまってる。カニのB.R.A.Iがネオ翔龍に責めてくる。責めて来てるわけではなかったんやね。本能のままに行動してるだけやったんや。また、ジークの差し金かと思ったら今回はジークは関係してなかった。

産卵場所を探してるだけやった。そこへやって来たハチのB.R.A.I。ハチはカニの卵に産卵するんやね。B.R.A.Iにも、生命の環が出来てきてる。完全に自然界に調和し始めてる。人間だけが、置いてきぼりな感じやね。人間以外の生物たちは機械と融合して進化してる。このままでは人間は淘汰されて行く運命になってしまう。クジラのB.R.A.Iも食料を求めてやってきた。黙って指をくわえて見てるわけにはいかない。B.R.A.Iたちは自然の本能でやってるだけかもしれないけど、このままではネオ翔龍が壊滅してしまう。

やっぱり、レオンが出ないと事態を収拾する事は出来ないんや。グレンたちも頑張ってるけど役不足。ハイパードライブの力がなかったらB.R.A.Iに対抗する事はできない。こんなネオ翔龍の危機にワンが操っていたハヤブサのB.R.A.Iが現れた。ダグはいない。ハイパードライブを使いB.R.A.Iに対抗できるのはレオンとクイニーのみ。ワンは、やっぱり死んでいなかった。クイニーも予想してたみたい。ワンが、あんな簡単に死ぬはずはないと。ワンも進化してたね。ダークドライブを使う事で人間も進化する。

以前はハヤブサのB.R.A.Iを操っていたワン。進化してハヤブサのB.R.A.Iと一体化してしまった。もはや人間とは言えない存在になってしまった。進化の形も多種多様。でも、こんな進化の形をワンは本当に受け入れてるの?元々、感性がおかしな方向に向いてたんやね。可愛がっていたリスが蛇に殺されたのに悲しいと思わなかったワン。その頃から狂気に支配されてたんやね。遂に師匠や兄弟弟子たちの恨みを晴らしたクイニー。彼女もワンとは違う形で進化したんやね。それにしても、レオンは、あの大爆発に巻き込まれたけど大丈夫なん?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

第24話:進化の果て

これって、死後の世界なんかな?レオンは、前回の大爆発に巻き込まれて多重次元に意識が飛ばされてしまった。意識不明の重体。このまま意識が戻らなかったら死んでしまう。まるで体から魂が離れてしまった状態。昔から言われてる死後の世界とは多重次元の事かもしれないね。ロンと出会ったレオン。このロンは本物なのか?偽物なのか?レオンが蟹になってしまってる。蟹になって進化の過程を体験してる。B.R.A.Iは進化をしてるが、決して人間を滅ぼすために進化してるわけではない。自分達、種を守るために進化してるだけ。その進化の過程に人間と出くわしただけで、自己防衛のために衝突してるだけなんやね。

フィオナは、不思議な存在やね。幽体離脱をしてるんかな?レオンの病室に突然現れた。フィオナが多重次元のレオンを助けに行った。そんな事が出来るんや。過去にも同じような事があったのかな?セシルも儀式のような事をしてる。悪い事は重なるもんやね。レオンが意識不明な時に、ネオ翔龍のサーバーがクラッキングされてる。このままでは、システムごと量子リアクターまで乗っ取られてしまう。早くレオンを目覚めさせないとネオ翔龍が壊滅してしまう。

ロンは伝えたかったんやね。自分が唯一認めた存在がレオンであった事。レオンなら自分の考えを理解してくれる事。愛する妹クロエの事を信頼するレオンに託す事を。鍵は、クロエのマーファやった。いつも食べてたマーファ。クロエの想いが詰まったマーファがレオンに届いた。レオンを見付けたフィオナが連れ戻す。やっと戻って来たレオン。ロンに想いを託されたレオンが帰って来た。さすがは天才レオンやね。クラッキングされないために、応急措置をした。でも、破られるのも時間の問題。人間業でない事も見抜いた。敵の居所を特定しただけでも凄いよ。

病み上がりなのに大丈夫なんかな?クイニーと敵の所へ向かうレオン。これは、衝撃の展開。なんで、こうなってしまうの?これは悲しすぎる。ダグは、生きてたんや。本当なら喜ばしい事やけど、喜んでもいられない。レオンとクイニーに銃口を向けてる。そらそうやね。何よりも大事なエミリア・ヴァリ博士を守るのは当たり前やもんね。ダグの最愛の人。その意識が移植されたAI。ダグは、AIを本物のエミリア博士と思い込んでるのか?それとも操られてるのか?最悪の展開やね。このままやったら、猫のエミリアが可哀そう過ぎる。本物のエミリア博士は、そんな事を望んでるのか?ダグ、正気を取り戻してくれ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)