プリーチャー シーズン2 第13話 The End of the Road レビュー 運命は些細な事で変わってしまう




注意:ネタバレです

あらすじ

少年時代のジェシー。

エンジェルビルの入り口で駐車料金を徴収する仕事をしている。

徴収した料金の一部を自分の財布に入れるジェシー。

料金を回収するため男が車でやってくる。

料金を渡すが腕をねじ上げられるジェシー。

金を誤魔化している事はバレていた。

ジェシーは財布を渡す。

車は立ち去った。

怒りに燃えるジェシーは、そこにいた鶏を踏み殺してしまった。

彼は罪の意識に襲われる。

彼は走り、エンジェルビルの屋敷を訪ねる。

そこにいた女の前に死んだ鶏を差し出した。

救世主になる事を決断したジェシー。

シュタールの指示で学校に赴き救世主としての活動を行う。

突然、テロリストが教室になだれ込んでくる。

ジェネシスの力を使うジェシー。

銃を渡せと命令するが、何故か力が使えない。

仕方なく力づくでテロリストに応戦する。

銃を奪ってテロリスを撃つジェシー。

しかし、それは空砲だった。

なんとかテロリストを撃退したジェシー。

子供たちは大喜びであるがシュタールからは力を使うよう注意される。

ビミニに行く準備をするチューリップとキャシディ。

床に落ちている隠しカメラを見付ける。

不審に思う二人であるが、そのままビミニに行く準備を続けた。

先に車に向かうチューリップ。

残ったキャシディがデニスに言う事を聞くように注意する。

しかし、デニスは言う通りにしない。

何かを考えるキャシディ。


amazonプライムビデオ公式サイトから引用
© 1996-2017, Amazon.com, Inc. or its affiliates

突然、デニスを日光の注ぐベランダに突き飛ばした。

燃え上がるデニス。

部屋に戻ろうとするがキャシディは窓を閉めカーテンを閉じた。

チューリップの待つ車に乗るキャシディ。

彼は、デニスが行くのを取りやめたと嘘をつく

ジェニーに別れを言って来ると車を降りるチューリップ。

開いているドアから中に入ると荷造りの段ボールが積まれていた。

何気なく段ボールの上の冊子を取って見る。

それは幸福魂魂号のマニュアルだった。

箱の中のドライバーを背中に隠すチューリップ

ジェニーが現れた。

彼女は背中に銃を隠している。

二人が同時に動き銃声が響いた。

ユージーンはヒトラーの協力で地獄から脱出することに成功する。

何故かヒトラーも同行し現世に戻って来た。

送迎のバンから降りた二人。

突然、ヒトラーが走り出し逃げて行った

呆然と見守るユージーン。

彼はゆっくりと家に向かって歩き出した。

ジェシーにキャシディから電話が入る。

あわてて車に乗り込みアパートへ向かう。

部屋の中に入ると腹を撃ち抜かれ血だらけになったチューリップが横たわっていた。

応急処置を試みるが出血がひどすぎる。

キャシディがチューリップをヴァンパイアにして助けようと噛みつこうとする。

止めるジェシー。

キャシディをチューリップから引き離す。

これしか方法がないと噛みつこうとするキャシディ。

彼の体を抑え込んで必死で止めるジェシー。

チューリップの体が痙攣する。

死なせてやろうとジェシーが言葉を絞り出す。

次第にチューリップの痙攣が激しくなり突然動き止まった。

後ろにチューリップの遺体を乗せて、どこかへ向かうジェシーとキャシディ。

くぐった門の上にはエンジェルビルと書かれていた。

感想

チューリップが死んでしまった。

助けようとキャシディがヴァンパイアにしようとした。

ヴァンパイアになれば血液を与えれば傷は治っていく。

間違いなく助かったはず。

ただし、一度ヴァンパイアになったら人間に戻る事は出来ない。

ジェシーは拒んだ。

ヴァンパイアにするしか助ける術がないにも関わらず。

ジェネシスの力を使って助けようとした。

でも、力が使えなくなってる。

どうして、力が使えない。

理由は全く分からない。

どちらにしてもチューリップが死んでしまった

バイバイと別れの挨拶を言いに行かなければ死ぬ事もなかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ジェニーがスパイだと気付く事もなかった。

運命なんて、そんなものかもしれない。

少しのボタンの掛け違いで運命が変わっていく

それで命を落とす事もある。

ジェシーは、エンジェルビルに向かった。

冒頭のシーンで、死んだ鶏を差し出してる。

もしかして、一度死んだものを蘇らせる力を持つ人。

その人にチューリップを生き返らせてもらおうと思ってるのかも。

でも、そんな力を持つ人がいるのか?

神にも等しい力。

少年の時に見たのはトリックなのかも。

でも、他にすがる所がない。

そこしか思いつくところはなかったから。

キャシディはデニスの命を奪ってしまった。

病気で死にかけてたのをヴァンパイアにして助けたのに。

ヴァンパイアにしたのは過ちだと後悔していたのか?

この先、デニスは自分の言う事を聞かなくなると悟ったのか?

どちらにしても、このままデニスをヴァンパイアとして生かしておくのは問題があると思ったから。

だから、決断した。

ユージーンが地獄から脱出した。

結局、ヒトラーもついてきた。

えらく、カジュアルな格好をしてる。

歴史上の人物。

世界を恐怖に陥れた人物。

教科書でしか知らない人物。

現世に戻って来て何をするのか?

過去の過ちを繰り返すのか?

過去を反省していい行いをするのか?

それは、彼にしか分からない。

どこかへ逃げて行ってしまった。

悪い予感がするが、後の祭り。

呑気なユージーンは、そんな事は一切考えずに家に帰って行った。

ヒトラーを追うことなく、ほったらかして。

神はモーテルの一室でジャズを聴いている。

犬のコスチュームを脱ぎ去って。

一連の事は神の計画の一部なのか?

神は全部承知の上なのかも。

トイレから出て来た神。

どんな姿かと思ったら、神々しい光で姿が見えない。

謎を残したままシーズン2が終わってしまった

このまま終わってしまったら消化不良。

ぜひシーズン3更新を望む。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする