スタートレックディスカバリー シーズン1第15話「新たなる旅立ち」レビュー



注意:ネタバレです


netflix公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

テラン皇帝

テラン皇帝が、カッコよすぎるやん。

どんな事があっても動じないのが皇帝らしいわ

ふてぶてしい態度が逆に存在感あり過ぎ。

かと言って自分の正体を知らないクルーの前では、ちゃんとジョージャウ船長を演じてる計算高い所もある。

ブリッヂで各クルーに命令を出すところは、少し怖さが滲み出てたけど的確な指示やった。

でも、クルーも違和感感じてるみたいやね。

ジョージャウ船長、こんなにきつかった?

って言う顔してるよ。

サルーも負けてないね。

ケルピアンを食べる野蛮人が、何を偉そうに命令してるんやと言わんばかり。

「俺はそんな簡単に食われへんぞ」

と言い返してるもんね。

クルーにとっては、チンプンカンプンな会話やけど、バーナムは冷や冷やしてたと思うよ。

船内を歩くバーナムとテラン皇帝。

テラン皇帝の言う事が、ごもっとも。

論理的にバーナムを言い負かしてる。

バルカンで育ったバーナムであるからこそ、テラン皇帝の言い分に全く反論できなかったね。

テラン皇帝、平行世界で皇帝になっただけの事はあるわ。

冷酷なだけでなく、頭も切れる。

おまけに強いと来てる。

ルレルを痛めつける所なんか、アクション女優の実力発揮やね。

さすが、ミシェル・ヨー。

あの年であの蹴り。しびれるわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シルビア・ティリー

殺し屋船長。

いいネーミングやね。

ティリー、ええキャラに成長したわ。

初登場の時は、バーナムのうざいルームメイトぐらいの印象しかなかった。

そんなティリーが、ここまで主要なキャラになるなんて想像してなかったわ。

ジョージャウ皇帝も中身は違うけど、ティリーに親近感を感じたんかな?

それで潜入部隊に選んだんかもしれへんね。

何回見ても、胞子ドライブでディスカバリーがグルンと回って転送する所は、カッコええわ。

ティリーは、潜入作戦を楽しんでるね。

オリオン人の頭へ銃を向けてる所も笑みを浮かべてるわ。

これが本来のティリーやったりして。

潜在的に殺し屋船長の素質を持ってるんと違うかな。

でも、能天気な所はティリーやわ。

何か分からんものは食べたらアカンよ。

お腹が減ってたから、おいしそうに見えたんや

何か確認してから口に入れた方が良かったと思うよ。

タイラーから宇宙クジラと聞いて吐き出してるやん。

今さっき、おいしいと言うてたのに、宇宙クジラと聞いた途端吐いたわ。

飲み屋でティリーが隣に座った禿げたオリオン人のおっちゃん。

この人って、過去のスタートレックシリーズに出てた人なんやね。

さりげなく、トレッキーの人達しか分からんサービスをやってるんや。

マイケル・バーナム

バーナムは、両親が殺されたことに罪悪感を感じてるんやね。

超新星を見たいからって、後三日間いたいとねだった。

ねだらなかったら、バルカンの研究施設を出発してたから、クリンゴンの襲撃にも出会わなかった。

目の前でクリンゴンに両親を殺された。

戸棚に隠されてたから見えないけど、音や叫び声は全部聞こえてる。

むご過ぎるね。

恐怖と悲しみで叫び出したいけど、叫ぶことが出来ない。

助けを求めたいけど一番の頼みの両親は、目の前で惨殺されている。

ずっと自分を責め続けてるんやね。

あの時、両親の言う通りに出発してたら、自分が超新星を見たいとねだらなかったら。

「原則を守るのが艦隊」

バーナムの言葉にはしびれたわ。

勝つ事だけを考えて、クロノスの人達を虐殺しようとするコーンウェル提督に切れたね。

バーナムの反論に、コーンウェル提督が黙ってしまったもんね。

痛い所を突かれたんやと思う。

ハッと我に帰ったんやと思う。

「我々は宇宙艦隊」

サルーが立ち上がって言った。

クルーが続いて立ち上がる。

この場面は、ジーンと来たわ。

バーナムとサルーとクルーの心が一つになった瞬間。

感動した!!

フィナーレ

結局、タイラーはルレルと一緒に行ってしまったね。

ヴォークの魂は消滅したとはいえ、記憶は残ってる。

人間とクリンゴンのハイブリッド。

どちらの立場も気持ちも理解出来る。

ルレルには信頼できる仲間がいない。

これから一人でクリンゴンをまとめて、指導者としてやっていかないといけない。

それを支えていく事を決心したんやね。

クリンゴンとの戦争を起こしたバーナムが、仲間の協力を得て戦争を終結させた。

育ての両親、サレクとアマンダとの再会。

雨が降ってる。

傘をさしてる人たち。

遠い未来でも傘は傘なんやね。

全く進歩してない。

アマンダのさしてる傘が透明のビニール傘。

コンビニで売ってるような傘やん。

傘はどれだけ年数がたとうが進歩しないんやね

バーナムに恩赦が与えられて、バーナム中佐になったね。

当たり前やん。

コーンウェル提督が、飛んでもない事をしでかす所を止めたんやから。

一歩、間違ったら戦争は泥沼になる所やったし、宇宙艦隊が一番大事なものを失う所やった

サレクを乗せてのバルカンまでへの旅路。

バルカンで乗せる新しい船長って誰やろ。

ええっ、こんな終わり方ってありなん?

嬉しい意味での、こんな終わり方。

ディスカバリーに救難信号。

もしかして、もしかしてと思ったら。

もしかしてやった。

パイク船長!

エンタープライズ!!

その後のエンディングの音楽も憎いわ。

エンディングが終わるまで、身動きできひんかった。

シーズン2へ

シーズン1が最終回を迎えてしまった。

しかし、おもしろかったわ。

実を言うとスタートレックの事は、そんなに知らんかった。

エンタープライズとかスポックぐらいは知ってたけど、そんなにガッツリと過去のドラマも見た事がなかった。

でも、お腹いっぱいになるぐらい楽しめたわ。

これだけ、毎回毎回おもしろいドラマも珍しいと思う。

とにかく、シナリオが入念に練られてたんやろうね。

退屈する事がなかった。

毎回、次がどうなるのか楽しみで仕方がなかったわ。

見事にはまってしまった。

シーズン2が確定してる。

予定では2019年。

来年か~、長いな~。

楽しみに待たなしょうがないね。

また、シーズン2が始ったら面白いに決まってるから、あっという間に終わってしまうかもしれないもんね。

今は、シーズン1が終わった心地よい余韻にひたってよう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする