【海外ドラマ】フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン4第15話・16話【最終話】感想(ネタバレ)



注意:ネタバレ

fearthewalkingdead
amazonプライムビデオ公式サイトから引用
© 1996-2018, Amazon.com, Inc. or its affiliates

レビュー

第15話:仲間を失い

世間は狭すぎる。ビーチを目指して偶然ジョンたちを見付けたアリシアとチャーリー。巨大ワニのいる川に走り込まないか冷や冷やした。ジョンとストランドをこちら側に連れて来るには船が必要。生半可な船では巨大ワニの体当たりで撃沈されそう。無線を聞いていたマーサが地図を見ながら居所を探る。かなり大雑把な地図。こんな地図を頼りにしてもピンポイントでジョンたちを探すことは困難なはず。それが見つかってしまう不思議。それも、ジョンとストランドではなくて、街に船を探しに来たアリシアとチャーリーを見付けた。マーサって普通の主婦だったと思うけど、もの凄い探索能力。ゾンビが溢れる世の中でなければ腕利きのバウンティハンターにでもなってガッパガッパ稼いでいたに違いない。偶然は重なるもの。マーサが乗って来たのであろうアルの装甲車を見付けたアリシア。装甲車で川を爆走。途中で沈むと思っていたら、あれよあれよと渡り切ってしまった。車の屋根がわずかに水面に見えるぐらいの水かさだったはず。いつの間に、あんなに浅くなっていたのか?不思議。

アルは、いつの間にか電力室から逃げてしまっていた。エレベーターに乗って屋上には来れなかったみたい。書置きには貨物用のエレベーターで逃げると書いてある。いったい、どこへ行ってしまったのか?モーガンのウォーカーおびき寄せ作戦。あれだけの高さからウォーカーを放り投げてピンポイントで車の屋根にヒット。凄い腕力とコントロール。もし、放置された車のバッテリーが上がってしまっていたらとか考えなかったのか?取りあえず試してみて、ダメなら次の手と言う事なのかもしれない。柵から出た先に待っていたかのように救急車。すんなりとエンジンのかかる不思議。ウォーカーの数が多いから手つかずになっていて車の燃料も抜かれずに放置されていたのかも。そう思う事にしよう。

アメリカは、スケールが違う。道にはしご車が落ちてるんや。さすがアメリカ。それもエンジンはダメなのに、発電機は使えてはしごを伸ばせる都合のよさ。装甲車で牽引して来たみたい。はしご車、相当重そうなのに装甲車で引っ張れた不思議。実際に可能なのか分からないが可能な事にしとこう。この装甲車は、かなり乗り心地が良さそう。車内のシーンで、ほとんど揺れが感じられないし、めっちゃ静か。リムジンのように快適な装甲車。もしかして日本製とかのオチがあったりして。はしごを一杯まで伸ばしたけど二階分足らない。なんの冗談?洒落にならないよ。モーガン度胸あるね。結構離れてるのに飛び移ったよ。落ちたら一巻の終わり。この場面は観てるこっちもドキドキした。まさか、落ちて死ぬ事は話の都合上あり得ないのは分かっているけど、分かっていてもドキドキしたよ。ジムがみんなのために犠牲になる所は、少しホロっと来たね。ウォーカーに噛まれてしまってるから、命の火が消えるのは時間の問題。どうせ死ぬならみんなを助けるために犠牲になってやる。あの高さからダイブして正確に車の屋根にヒットした。凄いね。普通なら落下の途中で失神してしまうからコントロール不能になってるはず。落ちた車のバッテリーも上がってなかった。バッテリーって意外ともつものなんや。

一同、装甲車に戻って来てビックリ。イリュージョン。しっかりと手首を結束バンドで拘束されていたマーサがいなくなっていた。何度も言うけど普通の主婦やったはず。英語の教師とか言ってたかな?どうやって逃げ出した?あたりは血だまりが出来ている。見た目は、おばちゃんなのに特殊能力持ちすぎ。人の顔をメモ帳代わりに使ってはいけません。ウォーカーになったジムの顔にビールのレシピを書き込んでる。ジムにしたら迷惑な話。秘密にしてるレシピを顔に書かれたら、人に見られまくって盗みまくられてしまう。あんな姿になりたくないと言っていたのに顔に落書きまでされて気の毒な状態。

ジムは残念。でも嬉しい再会もあった。アルは消息不明。探すにしても手掛かりなし。どこへ行ったかも分からない。手がかりが無ければ探しようがない。探す事でみんなが危険に晒される。モーガンは、全員助けないと気が済まないみたい。アルを探してからバージニアに向かうと言っている。死んでる確率の方が高いから今いるメンバーでバージニアを目指しても良さそう。でも、自分の家族だったら放ってはいかないもんね。そう考えたらモーガンの答えは間違ってないのかな?何とか無事でいて欲しい。何とかみんなと再会して欲しい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

water

第16話:自分を失う(最終話)

アル、生きていて良かった。でも、ピンチ。一難去ってまた一難。ウォーカーからは逃げ切ってホッとしたと思ったらマーサ登場。人探しのプロ。モーガン達がアルを見付ける事が出来なかったのに、いとも簡単にマーサはアルを見付けた。顔に落書きされたウォーカーとなったジムを連れての登場。いったい、何がしたいのかサッパリ分かりません。アルを捕まえたと思ったら即解放。いつの間にかアルは見付けられて仲間たちと再会してた。マーサに執着するモーガン。やっぱり、家族を亡くしておかしくなっていた自分と重ね合わせてた。昔の自分を見てるようで、放っておけないみたい。でも、そこまで危険を冒して助ける価値があるのかな?地面にうつぶせになってるマーサ。いきなりこっちを向いて銃をぶっ放しそうでドキドキした。もしかしてウォーカーなってるのかとも思った。どっちも不正解。ただ、うつぶせになりたかっただけみたい。

半ば意地になってるモーガンがマーサを無理やり車に押し込んだ。モーガン、油断し過ぎ。運転しながら薬を渡そうとするなんて自殺行為。案の定、腕を引っ張られて車はスピンして激突。意識が朦朧とするモーガン。不思議な事にマーサはピンピンしてる。この差は何?マーサもシートベルトしてなかったよね。車外に放り出されてもおかしくないスピード出してたのにダメージゼロ。モーガン、フラフラとは対照的。不覚にも笑ってしまった。笑う所と違うのは分かってる。でも、笑ってしまうよ。おでこに落書きされたモーガン。あまりにもシュール過ぎる。落書きされたままで真面目な顔して奮闘する姿がさらに笑ってしまう。もう小学生のいたずらレベル。やってる事も無茶苦茶。マーサを助けるためにやって来た。それなのに、胸の傷が悪化して死にそうになってるマーサを手錠で車につないで置いて行った。ウォーカーが来たら食われてしまう。そんなこと考えないんですか?

休憩所でモーガンを待つジョンたちに異変発生。みんな一斉に苦しみだした。今頃、水が開封されてる事に気付いてる。今まで蓋を開ける時に気付かなかったんですか?遅すぎますよ。不凍液中毒にはエタノールが有効。さすが看護師のジューン。偶然休憩所の前にエタノールを満載した車が止まっていた。中毒起こしてるのに急に元気になる不思議。なんとか車まで辿り着いたストランドとアリシア。バルブが固くて開かない。中毒でフラフラになってるから当然の事。ウォーカーの中を噛まれずに駆け抜けて来ただけでも奇跡。バルブが開けられないなら、持ってる斧でタンクに穴を空ける方が早そうな気がしますが。迫りくるウォーカーに痺れを切らしたアルが装甲車のマシンガンをぶっ放す。先にぶっ放してウォーカーを全滅させてから、ゆっくりとエタノールを手に入れに来た方が簡単だったような気がしますが。どちらにしてもウォーカー全滅。タンクに穴が空いてエタノールが流れ落ちる。これでポリタンクにエタノールを入れる事が出来てめでたしめでたし。みんな休憩所の中に戻っているから一件落着かと思っていたら、まさかの打つ手無し。タンクから流れ出るエタノールをボーッと見てたの?みんな死んでしまうのは時間の問題。まさか、仲間を失ったモーガンが再び皆殺しモードに入って暴走するのかもと想像してしまった。

モーガン凄い。確か右足負傷してたはず。それなのに時間が経つごとにドンドン回復して行ってる。ジャンプしてウォーカーに一撃を加えたりしてる。どこからそんな力が湧き上がるのか?二度と仲間を失いたくないという執念?ハラハラドキドキ。ジョンたち、なんとか助かって欲しい。バッドエンドだけはやめて欲しい。どこで、そんなもの見付けて来た?モーガンがビールを満載したトラックで戻って来た。みんなビールを飲んで不凍液を中和。未成年のチャーリーまでビールを飲んでいる。緊急事態だからしょうがない。でも、これがきっかけで飲んだくれになってしまったらマーサの責任。さっきまでの殺伐とした空気は、どこへやら。みんなビールを飲んで気分良くなり、まったりとした空気が流れる。なぜ、油性マジックで書いておかない。顔を洗ったモーガンのおでこの落書きが消えてしまった。落書きされたままでアレクサンドリアへ戻ったら良かったのに。すっかり忘れていた置き去りにしたマーサの元へ戻ったら腕だけ宙ぶらりん。片腕の無いマーサがヨタヨタと唸り声をあげて歩いている。そうなる事は予測できていたけど、腕を引きちぎるのは予想外。

全て片付いてアレクサンドリアに行く気満々の一同。そこへ気まぐれモーガン登場。アレクサンドリアには行きません。あれだけみんなを誘っておいて行きません。マーサのような人を助けるためにこの地に残る事を決めたモーガン。マーサやかつての自分のような人に手を差し伸べてあげれば救う事が出来る。ポーラベアの計画。システム構築。ポーラベアの拠点であったデニム工場を引きついで、ここに人助けの拠点を構築する。これで最終回でもいいような綺麗な終わり方。シーズン5への更新が決定している。次のシーズンは拠点を作って人助けをする話になるのか?共同体同士の抗争なんかにはしてほしくはない。そんな事をすれば本家のウォーキング・デッドと被ってしまう。原点に戻って、普通の人がこの状況に放り出されたらどうなるのか?をもっと観てみたい。楽しみに待ってみよう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)



コメント

  1. ブルグレ より:

    文章がおもしろすぎて大爆笑でした( ^∀^)
    ツッコミどころ満載のドラマ。
    そうそう!それ!と言わんばかりのツッコミ炸裂で楽しく読ませていだだきました!
    本家TWDより、フィアーザの方が面白くなってきてる気がします!
    次作も楽しみ!

  2. プリン より:

    文章力凄すぎ!不合理な設定が多すぎる欠点ごと楽しむ人間の大きさに感銘しました。
    わたしもなんだかんだで意地になって最後まで観てやろうと思っています。
    それにしても偶然ポーラーベアと出会う確率、アリシアがチャーリーとあの家で出会う確率、ストランドとジョンと再会する確率、ちゃんと計算したら年末ジャンボ一等位楽勝なんじゃないでしょうか??
    でも楽しみな部分もあるので次シーズンに期待します!