【海外ドラマ】スタートレックディスカバリー シーズン3第3話「地球の人々」感想(ネタバレ)




注意:ネタバレです

startrekdicovery
NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2020Netflix.inc

第3話:「地球の人々」レビュー

スピーディーな展開。あっという間に過ぎた1年間。配達人をしながらディスカバリーを捜し続けたマイケル。ディスカバリーと再会することなく、1000年後の未来で一生を終えることも覚悟した。感無量。懐かしのクルーとの再会。マイケルに抱きつくティリーの体の威圧感。何年もたっていないはずなのに体が大きくなっている不思議。なんか吹き替えのマイケルの声が変。もしかして声優が変わった?マイケルがしゃべるたびに気になる。1話と2話では、そんなに気にならなかったのに3話にきて気になってしまう。目まぐるしく話は展開する。宇宙艦隊からの通信を傍受。発信元は地球。これは行くしかない。宇宙艦隊の生き残りがいるなら過去の大火のことも分かるかもしれない。久しぶりの胞子ドライブ。久しぶりのブラック警報に鳥肌が立つ。ディスカバリーがグルンと回転するのも健在。このグルン、艦に乗っている人たちも感じるみたい。胞子ドライブを始めて体験するブックが「艦が回った!」とビックリしてた。1000年後の未来人からみても胞子ドライブは信じがたいテクノロジーみたい。

どんどん話が進んでいく。胞子ドライブのおかげで速い展開。あっという間に地球に到着。相変わらず1000年後の未来でも青く輝く地球は変わらない。でも、快くは迎えてくれなかった。それもそのはず、ディスカバリーは存在しないはずの艦。1000年前の骨董品。宇宙艦隊はなくなって別の組織が地球を守っている。いくら説明しても納得してくれない。納得してもらうには無理があり過ぎる。大火で大半が失われたダイリチウム。わずかに残ったものが地球にある。それを狙う奴らから地球を守る組織。疑われるディスカバリー。一触即発。宇宙艦隊の理念に則って対話を重んじる艦長サルー。地球人の乗船を許可。てっきり転送ルームに来るものと思っていたら、各自が携帯転送装置でなだれ込む。これにはサルーもビックリ。あわてて制服に着替えるマイケルとブック。久しぶりの制服に感慨深いマイケル。型にハマった制服アレルギーのブックが対照的。ここでもセンスの光るジョージャウ。ちゃっかりしてる。提督の制服をチョイスしてるのが皇帝らしい。

タイミングが悪すぎる。地球防衛軍とディスカバリーがにらみ合いをしている最中に第三の勢力の登場。地球にダイリチウムを寄よこせと迫る略奪者。頭のでかいエイリアンのような風貌。シールドを張っているため転送装置が使えず撤退できない地球人たち。このままでは、ディスカバリーと運命を共にせねばらなくなってしまう。マイケルの名案。ブックの船に遮蔽装置で隠した大量のダイリチウム。それをエサに略奪者たちのシールドを下げさせる作戦。とにかく展開が早い。どうやって捕らえたのか、いきなりブリッヂに略奪者を捕らえたマイケルとブックが登場。雑なのか、テンポが良いのか。さすが皇帝は見る目がある。最初から気づいていたかのような感じ。いきなりのローキックで頭がポンッ。略奪者は人間。タイタンの植民地にいた人間。結局は誤解からの人間同士のいざこざ。誤解が解けてめでたしめでたし。このタイタンの人、よく似てるけと違うかな?ヴァン・ヘルシングでサム役をやってた人?長身で特徴のある顔。多分、そうやと思うけどどうなんかな?

船に乗り込んできた地球人の中で浮いた存在。妙に若いなと思ったら16歳の女子。あちこち嬉しそうに触りまくる女子に注意するスタメッツ。そんなところにまで入り込んでやってることが怪しすぎる。そんな簡単に船に乗せることを許可するんや。宇宙艦隊という組織もどこに行ったかわからんから、サルーの判断でスピーディーに物事が決められるのね。ディスカバリーに乗って一緒に行くことになった16歳の女子がカミングアウト。通信を送っていた宇宙艦隊の謎の人物の正体は16歳の女子。正確には女子に寄生している生物の記憶。マイケルとディスカバリーがいた宙域とははるか離れた銀河系。通常のワープ程度では来ることはできない。胞子ドライブがなければ不可能。胞子ドライブはディスカバリーだけのもの。これでブックは追われることはなくなった。新たな地で希少生物の保護を続けることができる。結構あっさりマイケルと別れるのね。ディスカバリーの乗組員になるのかと思っていたら違ってた。宇宙艦隊は存続してるかな?もう、あきらめてディスカバリーが宇宙艦隊を再編成する方が早そうな感じがするけど。どちらにしても探しに行くのね。3話目にして1年経って地球まで到達したスピーディーな展開。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)



スポンサーリンク
レクタングル(大)