【海外ドラマ】ストレイン 沈黙のエクリプス シーズン3 第5話レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

strain

第5話:「狭間」レビュー

セトラキアン、なんでそんな大事な事を忘れてる。
マスターを倒すのではなく永遠に閉じ込める方法。
殺す事は不可能でも閉じ込める事ならできるかもしれない。
鉛の棺を作って銀でコーティング。
どこかの地下深くに埋めてしまうか深い海底に沈めてしまえば全ては解決する。
昔やったように手足を切り取ってバラバラにしてしまえば棺から出ることもできない。
鉛で覆ってしまえば手下のストリゴイを操ることもできない。
もっと早くにひらめいてよ。
もっと早くに思い出してよ。

電子レンジで通信遮断。
ストリゴイの脳の中の虫団子。
気持ち悪すぎる。
ラーメン食べれない。
ちょっと無理。
エフはうごめく虫をつついてる。
なんでそんな事ができるのか?
無神経なの?
そんな感じはしなくもないが。
鈍感なの?
どっちかといえば繊細ではないはず。
でも、冷静な考え。
内臓はみ出したストリゴイで実験しても意味がない。
ピチピチのイキのいいストリゴイで実験しないと安心できない。
実験なしで実戦投入なんて危険すぎる。
監禁してるストリゴイ。
ピッキングできるなんて猿以上。
こんなことできればどこでも入り放題。
鍵をかけても安心できない。
一瞬の喜び。
これでストリゴイを無力化できる。
そう考えたが、そんな簡単にはいかないよね。
マスターの方が一枚うわて。
通信遮断されて猿になっていたストリゴイ。
通信再開し人間以上に急進化。
ピッキングで鍵を開錠。
間一髪で眉間に銃弾。
これが実戦なら味方は全滅。
事前にテストをしてよかったね。
電子レンジ作戦失敗。
振り出しに戻てしまった。

遂にストリゴイのねぐらを突き止めたフェット。
セントラルパークの地下で数千対ものストリゴイがおねんねしている。
夜になってこの数千対が街に出てくるなんて背筋が凍る。
ストリゴイの現場監督が自分たちの都合のいいようにトンネルを掘る。
ニューヨークの地下トンネル。
彼らにとっては都合が良すぎる。
神出鬼没のストリゴイ。
その謎が解明された。
地下トンネルを行き来すればあらゆるところに行く事ができる。
彼らが嫌いな日光も関係ない。
地下にいる限り安全保障。
この現状をジャスティスに報告。
ストリゴイ殲滅作戦検討中。
数千対のストリゴイは危険すぎる。
部隊を投入しても数も危険も桁違い。
地下にいる限りストリゴイが有利。
地下で爆薬を使えば地盤沈下の怖れあり。
何か有効策はみつかるのか?

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大