THE GIFTED(ザ・ギフテッド)海外ドラマ 第8話「双子 X 血縁」見所




注意:ネタバレです


THE GIFTED公式サイトから引用
© FOX Networks Group Japan All rights reserved.
© 2018 BS-FOX

レビュー

ローナ・デイン

女の嫉妬は怖いわ。

ローナは、まだ怒ってるよ。

無理もないよね。

信じてたマルコスに裏切られたに等しい

自分に黙って昔の恋人カルメンに会ってた。

これは、許す事が出来ない。

ローナを助けるための情報をもらった見返りのためとはいえ、嘘をついたのは失敗やったわ。

信頼してた人から嘘をつかれるのはショックやと思うよ。

全てが信用出来ないようになってしまう。

おまけにマルコスは、カルメンの依頼を達成した後の満足そうな顔まで、ローナに見られてしまってる。

これは、何を言っても信用してもらうことは絶望的やね。

もう、謝り倒すしかないと思うよ。

後は時が解決するのを待つしかないわ。

寝ころんで胸の上でナイフを上下させてるローナが怖すぎるよ。

全身からメラメラと青白い恨みの炎が上がってるような感じがしてたわ。

結局、仲直りをしてたけど、なんで急にローナの方から仲直りをしたんやろう?

クロエの夫が殺されて、子供からも引き離されたのを聞いて、家族の尊さを再認識した?

唐突に、ローナがマルコスを許したから、いまいちピンと来なかったわ。

家系

リードの父親がミュータントとは、ビックリ

自分の家系がミュータント家系やった。

その事を知らずに、ミュータントを取り締まる検察官をやってたんや。

20年も父親に会ってなかったとは、凄い確執

でも、それは息子の安全のために自分から遠ざけてたんや。

物凄い家族愛。

最初は、凄く嫌な父親やなと思ったけど、真相を知って見直してしまったわ。

父親がトラスク・インダストリーに入ったのも、ミュータントの呪縛からストラッカー家を解放するためやったんや。

自分の家系からX遺伝子を取り除くための研究をしてた。

でも、リードのX遺伝子を取り除く事しかできなかった。

それもリード止まりやったんやね。

父親の実験は成功したかに見えたけど、失敗やったんや。

アンディとローレンにX遺伝子が遺伝してしまった。

もしかしたら、リードの祖父の再来になるかもしれない。

祖父は双子で妹と共にテロリストとして、インターポールに指名手配されていた。

妹と二人で飛んでもない力を発動してたみたい

アンディとローレンも二人の力が合わさると、飛んでもない力を発動するかもしれない。

鍵は二人が手をつなぐこと。

姉弟やから、小さい時には手を繋いだ事ぐらいはあるはず。

でも、その時は能力が発現してなかったから、どうもなかったんやろうね。

今や能力が発動してしまってる。

手を繋ぐ事で、どんな事が起きるんやろう?

キック

ミュータント用の麻薬なんかあるんや。

キックと呼ばれてる麻薬。

キャンベル博士は、この麻薬をミュータントに打って意のままに操ってたんやね。

最初は麻薬に抵抗するけど、段々虜になってしまう。

キックがないと生きて行かれへんように錯覚してしまう。

そうなってしまったら、キャンベル博士の思うつぼ。

キック欲しさに、キャンベル博士の言う事を何でも聞くようになってしまう。

キャンベル博士、科学者の風上にも置けん奴や

クズやね。

パルスもクロエもセンチネル課に捕まって、キャンベル博士の元へ送られて、キックを打たれてしまったんやね。

自分の意のままに動く部隊を作って、地下組織が保護するミュータントに紛れされる計画。

今回は、運が良かった。

テレパスのエスメが、おかしな人がいると教えてくれた。

エスメがいなかったら、基地の場所がセンチネル課に知られてしまうところやった。

クロエの能力も凄いね。

物凄い速さで動いてカンフーで倒していく。

まるでDCコミックのヒーロー、フラッシュみたい。

でも、フラッシュの方が早いわ。

人間の視力では捉えられないほどの速さで動くことが出来るもんね。

クロエはかろうじて動きが見えてる。

その証拠にジョンがクラリスのポータルから飛び出して、クロエを捕える事が出来たもんね。

ケイトリン・ストラッカー

ケイトリンは、頑張ってるね。

人間やけど、この地下組織には無くてはならない存在になってるね。

脱臼した男の子の関節を嵌める事も出来るんや

エスメの手首の傷も縫ってる。

アメリカの看護師は日本と違って患者の治療も出来るんかな?

日本の看護師やったら、ここまでの事は出来ないと思うよ。

でも、時々適当な所が地味に怖いわ。

今回もクロエを眠らせるための注射の量。

勘!

て言うてる。

大丈夫なん?

医療者が、投薬量を勘とか間違っても言ったらアカンよ。

ちゃんと本で調べるなりした方がいいのと違うかな。

それが出来ないんやったら、注射なんかしない方がええと思うんやけど。

勘でうまく行ったんや。

この辺が凄いね。

適当にやった事がうまくいってしまう。

ケイトリンのこの能力、ある意味ミュータントやね。

リードもショックやろうね。

20年間、会ってなかった父親と久しぶりに会ったら。それが永遠の別れになってしまった。

父親の自分に対する愛情を知ってしまっただけに、余計に悲しみが深くなってしまう。

いっその事、真相を知らん方が悲しまなくて済んだのかもしれないね。

でも、リードはショックを受けたと同時に嬉しかったやろうね。

父親がどれほど自分を愛してたかを知る事が出来たから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)



スポンサーリンク
レクタングル(大)