NETFLIX ブラックライトニング(海外ドラマ)第4話「黒いイエス」レビュー




注意:ネタバレです


netflix公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

グリーンライト

悪の組織と薬、定番やね。

悪の組織が、やばい薬グリーンライトを売りさばいてる。

かなり、やばい奴やね。

ジェファーソン・ピアースのガーフィールド高校にもグリーンライトの魔の手が伸びて来た。

バーナードがトイレで暴れてる。

興奮して手が付けられないようになってるわ。

素手で小便器をむしり取った。

凄い力やけど、そんなもんを振り回さんといて欲しいわ。

おしっこが飛び散るやん。

正気を保ってないから、汚いとか綺麗とかも分からんようになってる。

ジェファーソンもビックリしてるけど、ちょっと嫌そうな感じ。

思いっきり投げられてるわ。

たまらず能力を使ったね。

加減した電撃では効かないみたい。

強めの電撃で、やっとおとなしくさせる事が出来た。

こんな薬が蔓延したらゾッとするね。

あちこちで物凄いパワーで暴れられたら、ブラックライトニング一人では、どうする事も出来ないよ。

駆けつけた警備員が不思議そうに見てるわ。

小便器がむしり取られてるし、バーナードが気絶してるし、訳が分からんやろうね。

ジェファーソンも、咄嗟の事で電撃を使ってしまったみたい。

やっちまったと言う感じなんかな。

バーナードが覚えてたら、どうするんやろ?

正体がバレてしまうやん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

アニッサ・ピアース

アニッサは、能力に目覚めたけど幻想を抱き過ぎやね。

諸刃の剣やと言う事に気付いてないわ。

家族団欒の食事の最中に、ブラックライトニングを擁護し始めた。

リンとヘンダーソンは、苦い顔してるわ。

ジェファーソンだけがニヤニヤしてる。

自分の事が娘に認められてると分かって、飛び上がりたいほど嬉しかったんやろうね。

抱きしめて頬ずりしたい衝動を必死に抑えてたんやと思うわ。

ジェファーソンのニヤケ顔を見て、リンの顔がさらに険しくなってるよ。

自分の力がどれだけのものかも把握できてない

売人の男達を吹っ飛ばしてるけど、懲らしめてやろうと軽い気持ちでやったんやと思う。

自分がとんでもない力を持ってるのが分かってない。

一歩間違ってたら殺してたかもしれない。

吹っ飛んだ男が気を失って危ない呼吸をしてる

怖くなったんやね。

少しは自分の力が、どんな影響を及ぼすのか分かったみたい。

相手の事だけではなく、自分の事にも気を付けないとアカンよ。

スーパーパワーは手に入れたけど、決して不死身と違うねんから。

スーパーマンみたいに銃弾は跳ね返されへん。

銃で撃たれたら致命傷を負ってしまう。

ヘタしたら死んでしまうかもしれない。

今や、売人でも銃を持ってる時代。

父であるブラックライトニングが、毎日傷を負って帰って来たことを知らないから、安易に街の無法者を懲らしめようと思うんやろうね。

ツー・ビット

グリーンライト、やばい薬やね。

一回やってしまうと神経受容体に作用してハマってしまう。

薬なしでは生きられないようになる。

ジェファーソンの古い友人のツー・ビットが関与してるみたい。

ジェファーソンは、こんな悪とも知り合いなんやね。

若い頃は相当な悪やったんやと思うわ。

更生して今や表の顔はガーフィールド高校の校長先生。

裏の顔は街の平和を守るブラックライトニングやもんね。

人生どう転ぶか分からんもんやね。

ツー・ビットはジェファーソンの忠告を聞かんかった。

ジェファーソンも、しつこく言っても逆効果やと思ったのか、すぐに帰ってしまった。

でも、ギャンビにグリーンライトが相当やばい薬やと聞いたから、生温い事してたらアカンと思ったんやね。

ブランクライトニングとしてツー・ビットに会いに行った。

バレるやろ!

どう頑張っても顔見たら分かるやろ。

これは、コント?

笑う所なん?

さっき、来たばっかりのジェファーソンと瓜二つやん。

サングラスかけてるだけやん。

髭の生え方見たら分かるやん。

ビックリやね!

ツー・ビット、全く気付いてない。

人の顔を一瞬で忘れ去る特技?

お茶目な奴やね。

ブラックライトニングとツーショット写真撮ろうとしてるわ。

SNSにでもアップしようとしてるのかな?

さすがにブラックライトニングもイラっときたのか、電撃パンチを浴びせてるわ。

カリル

カリル、可哀そうやね。

オリンピックに出ると言う夢を持って頑張ってたのに、打ち砕かれてしまった。

夢じゃなく才能もあったから、余計に悔しいやろうね。

何とかリハビリして復帰しようとしてたけど、完全に閉ざされてしまった。

脊髄が断裂って、一生歩かれへんと言う事やん

カリルにとっては死刑宣告に等しい。

これから何を目標に生きて行けばいいのか。

あの日、ホルト牧師のデモに参加して、たまたまホルト牧師の後ろに立ってただけやのに、こんな事になってしまった。

トビアスの言う通り、心の底ではブラックライトニングのせいやと思ってるんかな?

トビアスは、カリルを利用しようとしてる

いい人を装ってカリルにお金や物を送ってた

でも、目が覚めた時にあんな顔の奴が横に座ってたら、ビックリすると思うで。

心臓止まりそうになると思うわ。

殺されると思うよ。

カリルは、よう叫ばんかったわ。

それとも、怖くて固まってしまって声も出えへんかったんかもしれへんね。

にこやかにしてるトビアスが不気味やね。

腹の中では、どんなことを考えてるんやろう?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)