【海外ドラマ】タイタンズ【DC】第5話「生きるための同盟」感想(ネタバレ)<男前は得>




注意:ネタバレ

titans
NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

そんな簡単に愛着のあるポルシェを売ってしまうのね。確かにガーフィールド(ライアン・ポッター)も一緒に行くと言った時には、ポルシェの後部座席では狭いと思った。やっぱり、狭かった。ポルシェに四人は、ギュウギュウ詰め。ミニバンに乗り換えて快適ドライブ。ディック(ブレントン・スウェイツ)、意外と思い出の品に未練がないタイプ。それとも、ブルースからもらった事に負い目を感じていた?早く処分したかったけど、踏ん切りがつかなかったのかもしれない。ここが処分のタイミング。狭くてギュウギュウ詰めが後押ししてくれた。さびれたモーテルに到着。組織から逃げるにしても休息は必要。それにしても、明らかに流行っていないモーテル。駐車場にも車が停まっていない。フロントにいる女性の目が輝いている。なんか変な雰囲気。客を見る目ではなくて男を見る目。明らかにディックの事が気になる様子。男前だからしょうがない。鈍感なのはディック。女性の気持ちに気付いていない。それとなく氷が必要な時は部屋まで来てと誘いの言葉。さすがにここまで言われたら少しは気付いたのかもしれない。

チーム結成。寄せ集めチーム。取りあえずは組織と戦うにしてもお互いの能力を知っておく必要がある。コリー(アンナ・ディオプ)の炎は破壊力抜群。破壊力は問題ないが、コントロールが悪すぎる。しっかりと練習しないと味方まで灰にしてしまう危険あり。太陽からエネルギーをもらってのファイアー。夜になると能力は弱まってしまう。怪しい奴は夜に活動する。そんな時に最大の武器が使えないとは不便すぎる。ガーフィールドは虎に変身。うっかり、そのまま変身してしまっては服がビリビリに破れてケンシロウ状態。ケンシロウは絶対にズボンは破れないがガーフィールドはズボンもパンツも破れてしまう。服も下着も破れてしまったら、人間に戻った時に着る服無し。そんな事になれば変態仮面。全裸で服を探して右往左往。そうならないためにも変身前に服は綺麗にたたんで隠しておく。これをやっておくことが変身の条件。虎に変身できるが人は噛んだ事はない。実際に虎の戦闘能力までコピーできているのかは疑問。虎の状態で戦った事がないから本人も分からない。果たして敵と戦う時に役に立つのか?レイチェル(ティーガン・クロフト)は闇の力を操る事が出来る。正確に言えば操るところまで出来ていない。操ろうとするが暴走する事の方が多い。何事も練習なので反復する事。暴走した時はコリーのファイアー一撃で解決。コリーの監視の下で練習する方が安全。ディックは特殊能力はなし。その代わりに悪と戦って来た知識と経験を豊富に持っている。彼の言葉通り皆を守りまとめる事はディックにしかできない。暴力に憑りつかれて暴走するところに注意。

コリーは、純粋に酒を飲むためだけにディックの部屋に行ったのか?テキーラを持って行ったのは下心あっての事?どちらなのかは分からない。シャワーを浴びた後の上半身裸の男前。そんなセクシーな姿を見て火が付いたのかもしれない。意外と軽いディック。あちこちでブイブイ言わしてそう。ステーキを食べた後の焼き肉。めかし込んだフロントの女性がディックの部屋を訪問。下心ありありの雰囲気。ステーキを食べてなかったら、いただきます。でも、今は食べたばかりでお腹いっぱい状態。非情に羨ましい。断った。少し年は取っているが熟女の魅力プンプン。もったいない。女性が少し可哀そう。張り切って来たのに撃沈。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

tiger

パパがいなくなったサイコファミリー。パパの補充にドクターアダムソンが精神病院へ品定め。ここでサイコな殺し屋を製造している。精神に手を加えて洗脳。出来上がったのが殺しのプロフェッショナル、サイコファミリー。新しいパパを出迎えるのにママはおめかし。息子の一言は冗談では済まされない。「新しいママも欲しい。」顔面張り倒されても文句は言えない。でも、その気持ちは分からないでもない。モデルのような綺麗なママが来たら誰だって嬉しいに違いない。でも、それでは目立ちすぎて暗殺者には不向き。どこにでもいる見た目が必須。だから、新しいパパも見た目は普通のおっさん。前のパパよりは少し若いからママは喜んでいるのかも。

ポルシェなんかに乗っているから目立ちすぎる。いらぬ犠牲が出てしまった。中古車屋の店主、気の毒すぎる。ディックのポルシェを買い取った事が人生の幕引きのきっかけになってしまった。サイコファミリーに拷問されて殺されたに違いない。ディックたちが乗り換えた車の情報から行き先をゲット。モーテルに乗り込んで来たサイコファミリー。モーテルが一瞬で戦場になる。経営者の女性は気の毒。ディックたちが泊ったことで災いに襲われてしまった。この人達、実は疫病神。行く先々で関わる人達に迷惑がかかる。ディックのアタッシュケースは頑丈。武器にも防御にも使える。超人化する注射を打っているサイコファミリー。パワーではかなわない。窓から落とされたディック。頼みの綱はコリーのファイアー。ファイアー、不完全燃焼。やっぱり、夜は太陽エネルギーをチャージできないから炎がでない。万事休すと思っていたら、颯爽とロビン登場。お手本通りのヒーロー登場シーン。先ほどまでのディックとは打って変わって無敵のロビンがサイコファミリーを抵抗不能にする。レイチェル、知らなかったもんね。ロビンの姿で戦うディック初見。あのバットマンの相棒と知ってテンションMAX。ガーフィールドはバットマンに会わしてくれとロビンにとっての禁句発動。どこまで行ってもバットマンの相棒。主役になれないロビン。ディックの心は複雑だけど、数えしれず聞いて来た言葉。またかと聞き流す事も会得した。

ドクターアダムソンのビルを訪問するディック。入り口のおばちゃんが襲ってくるかと思ったらアメ攻撃。食べたら死ぬアメ?知らない人からもらった物は絶対に口にしたらいけません。ドクターアダムソンは腹を決めていた。もう、手遅れ。しくじったことが組織に知られてしまった。始末されるのは確実。ビルの入り口のおばちゃんが組織に連絡済み。ディック、一人では多勢に無勢。ロビンスーツを着ていたら違っていたかもしれない。訓練された部隊にタコ殴りされるディック。ロビンが、もう一人!これは幻覚?煙幕の中で工作員を次々と倒すロビン。自分は、ここに倒れている。あのロビンは誰?いつからロビンって歌舞伎役者みたいに世襲制になったの?二代目ロビンとか言っている。ディックが去った後のロビン。取りあえずは、助けてもらったけど複雑。ロビンとロビンの御対面。ロビンが二人。まさかの展開。面白すぎる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)