【海外ドラマ】ヴァン・ヘルシング【NETFLIX】シーズン3第8話「分岐点」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

vanhelsing

NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2021Netflix.i

第8話:「分岐点」レビュー

本を調べるヴァネッサ。書いてある内容には得るものなし。厚めの表紙を破いてみても何も見つからない。近くに焚火があったので炙り出しかと思ってしまった。みかんの汁で書いた文字。火であぶると文字が浮き出してくる。炙れ、早く炙れと思っていたら。ヴァンパイアが襲ってきた。冷や冷やする展開。炙るどころか本が焚火の中に落ちないかと心配してしまった。本が燃えてしまっては手がかりゼロ。どこまで行っても血が鍵となる。ヴァンパイアの血飛沫が本に飛び散った。本が台無し。読めなくなるやんと思っていたら不幸中の幸い。こんな偶然あるの?他のページが開いていたら解けなかった謎。たまたま開いていたページ。飛び散った血液に反応して記号が浮かび上がる。

目指すは陸路でいけない孤島。船がなくては渡れない。なければ調達すればいいだけ。でも、それって泥棒やん。人の物は俺の物。ジャイアンみたいな考えで、勝手に人のボートを拝借するヴァネッサとスカーレット。急ぐ気持ちは理解できる。でも、人の物を盗むのは良くないよ。踏んだり蹴ったりのボートの持ち主。結果的にヴァネッサに命を奪われる気の毒な展開。ボートを持っていただけで命まで奪われる気の毒さ。恩をあだで返すヴァネッサ。これは擁護できないよ。一方的にヴァネッサが悪い。こんな感じで大丈夫なのか?どんどん闇に飲み込まれて行くような予感。闇の者を復活させるとか言ってるし。暴走気味のヴァネッサ。スカーレットがまともに見えてくる。

孤島に囚われていたご先祖様。ヴァンパイアになって生きながらえていた。ミイラ取りがミイラに。ヴァンパイアハンターがヴァンパイアに。なんとマヌケな展開。ご先祖様も兄弟だった。片方は闇の世界に囚われて、片方はヴァンパイアにされて幽閉されて。これはヴァネッサとスカーレットの未来を暗示しているのか?全てはスカーレットのために仕組んだこと。スカーレットを守るため。自分の血を吸わせてご先祖様を油断させるヴァネッサ。突然、狂暴化しご先祖様を返り討ち。まるで獣のようになったヴァネッサ。豹変した姉の姿に呆然とするスカーレット。まさか、姉が闇に取り込まれた。だから闇の者を復活させようとしているのか?陸路のない孤島。ボートがなければ島を出ることはできない。当面の食料は備蓄されている。スカーレット一人なら数日間は生き延びれる。その間に自分一人で決着をつけに行く事を決意したヴァネッサ。一緒にいけば妹が危険にさらされる。妹を守るための手段。ボートを漕ぐ姿がなんとなくぎこちないヴァネッサ。そんな漕ぎ方で向こう岸まで辿り着けるのか?漕いでいるがあまり進んでいないような気がする。途中経過は割愛して、向こう岸に辿り着いたヴァネッサ。戦いに備えて栄養補給。ヴァネッサの栄養となったボートの持ち主。どう考えてもヴァネッサが理不尽すぎる。こんな展開で大丈夫なのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)



スポンサーリンク
レクタングル(大)