【海外ドラマ】ウォーキング・デッド ワールド・ビヨンド シーズン2 第2話レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

worldbeyond
amazon公式サイトから引用
© 1996-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates

第2話:「足掛かり」レビュー

そら、怒られるに決まってるやろ。
危険を承知で村にかくまってもらってるのに勝手なことして。
夜中にフラフラ出て行って、いらんことして話をややこしくしてる。
なんでアイリスが共同体の警備を殺したのかさっぱり理解できない。
素人の女に殺される共同体の警備もどうかと思うけど。
理由もなく殺すなんて、ただの殺人鬼やん。
現代なら確実に犯罪者として逮捕される案件。
こんな人と行動を共にするなんて危な過ぎる。
フェリックスも、ちょっと考えた方がいいよ。
突然ワラワラと湧いてくるエンプティも空気読みすぎ。
あんなに動きが遅いなら、わざわざ近づいて行って倒す必要もないやん。
サッサと走って逃げれば追いつかれることもないし。
フェリックスに至っては死にたいの?
エンプティを羽交い絞めにしてアイリスにボーガンで撃てって。
いや、あかんやろ。
自分の頭に命中する確率の方が高いやろ。
よう、そんな簡単に言えるよね。
そんなにアイリスのボーガンの腕を信用してる?
でも、ボーガンの名手でもないよね。
ダリルになら言えるかもしれへんけど、普通に考えたらアイリスでは無理やろ。
でも、見事にエンプティの頭に命中。
アイリスは、いつからボーガンの名手になった?
あの極限状態で正確にエンプティの頭を射抜くなんてダリルでも難しいはず。
それを普通のポッチャリ女子が簡単にやってのけるなんて、どうなってるの?

久しぶりのサイラス登場。
エンプティの処理係に任命。
サイラスを案内してくれた人ってハックの恋人?
写真を見る限りは親しい間柄。
しかし、考えたね。
害虫駆除の発想?
イカ釣り漁船みたい。
光と音でエンプティをおびき寄せて爆破。
残ったエンプティをチマチマと槍で処理していく。
少しずつでも数を減らしていけば危険も減っていく。
その中で活きのいいのは研究対象としてゲット。
人口自体も減ってるからエンプティも爆発的に増えることはない。
増えるスピードよりも駆除するスピードが上回れば数は減っていく。
こんな処理場が他にもある。
ここは由緒ある最初の工場。
サイラスにとっては最適の場所かも。
なんかに腹を立てて発狂してバーサーカー化しても、攻撃対象がいっぱいいてるから。
処理場のエンプティなら殴ろうが蹴ろうが罪に問われる事もない。
でも、じっとしてなさそう。
まだ、アイリスのことが心残りみたい。
エンプティを運ぶ車に乗り込んで街に行きそうな感じ。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大