【海外ドラマ】ファルコン&ウィンター・ソルジャー 第5話「真実」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

falconandwintersoldier
ファルコン&ウィンター・ソルジャー公式サイトより引用
© 2021 Disney and its related entities

第5話:「真実」レビュー

盾は手放すべきではなかった。スティーブから託された盾の重圧。それに耐えられず手放してしまったサム。国に利用されたジョン・ウォーカー。2代目キャプテンアメリカとして盾を受け継いだがその重さに彼も耐えきれなくなってしまった。その重圧から超人血清の誘惑に負けてしまったジョン。超人的な能力を手に入れたが精神はボロボロ。盾を取り戻そうとサムとバッキ―がジョンに挑む。さすがは名誉勲章を三度も授与された兵士。血清の能力が最大限生かされている。サムとバッキ―が二人がかりなのに互角に戦っている。気持ちの問題も関係するのか?盾を奪われまいと殺すこともいとわないジョン。盾を奪うことが目的で必要以上にジョンを傷つける気がないサムとバッキ―。手加減するサムとバッキ―の方が不利であるのは当然のこと。それにしてもヒヤヒヤする。サムは普通の人間。まともにジョンの攻撃を受けたらレマーのように命を落としてしまうかもしれない。一撃が致命傷。なんとかジョンを倒し盾は無事奪還。倒れたサムの横に盾を叩きつけるバッキ―。「お前が盾を手放すからこんなことになった!」とバッキ―の心の声が聞こえてくるよう。

代償は大きかった。動画が全世界に配信されキャプテンアメリカの権威はガタ落ち。ジョンは今までの名誉も全てなかったことになってしまった。こんなはずではなかった。超人血清の副作用。レマーの死が拍車をかけた。いまや妻だけがジョンの味方。そこへ現れた謎の女性。カツッカツッとブーツの音を響かせて登場。長ったらしい名前。覚えられへん。短縮してバル。それなら覚えられる。いやに馴れ馴れしい態度。なんか金持ちみたい。でも、図々しい態度。妻がジョンを慰めてる中に割って入る無神経さ。この女、いったい何者なのか?諦めていなかったジョン。自分は力を手に入れた。世界を守るためのヒーロー。自分こそが相応しい。国の権力者たちは本当のことが分かっていない。分からないなら分からせてやる。盾を奪われたなら作ればいい。自ら盾を製作するジョン。しかし、ヴィブラニウムは簡単には手に入らないはず。手に入ったとしても、それを成型する機械も技術も持ち合わせていないはず。どんなオリジナルの盾が出来上がるのか?

一緒にサムの姉の船を修理するサムとバッキ―。殺伐とした戦闘から離れて心休まる時間。毎晩毎晩、悪夢で目覚めていたバッキ―。久しぶりに悪夢を見なかった夜。盾で遊ぶ子供の声で目覚めるバッキ―。心休まるバッキ―。やっとウィンターソルジャーの呪縛から逃れる事ができるのか?逃げる子どもの姿をみて笑みを浮かべる表情には暗殺者の影はない。姉貴に手を出すなとサムから念押しされていたが、多分手は出していない。黒人であるサムに盾を渡す事で世間がどんな反応をするかなんて考えていなかった。単純にスティーブとバッキ―は盾を受け継ぐ者としてサムが適任と思っただけ。しかし、世間は黒いキャプテンアメリカを望んではいなかった。アメリカが望んでいるのは金髪で肌の白いヒーロー。それがアメリカのヒーロー像。そこに黒人の入る余地はない。根深い問題。差別の歴史。イザイアの辛い過去。だからサムも決断することができなかった。しかし、盾を手放す事が悲劇を生んだ。盾の重圧に耐えられなくなり超人血清に手を出してしまったジョン。肌の色なんかどうでもいい。盾を持つにふさわしいかどうか。盾を受け継ぐ決心がついたサム。使いこなすための特訓が始まる。超人血清がなくてもスーパーソルジャーと互角に戦うことはできる。ワカンダの戦士アヨたちが、それを証明した。次第に盾とサムが一体になっていく。バッキ―からの間接的なプレゼント。ワカンダ性の新スーツ。ヴィブラニウム性に間違いない。ハイテクもテンコ盛り。サムがブラックパンサーみたいになるのか?近未来的なキャプテンアメリカになるのか?翼のバージョンアップだけなのか?それはここではおあずけ。

ソコビアの悲劇で家族を亡くしたジモ。行きつくところは祖国の墓標。まるでバッキ―が来るのを待っていたかのようなジモ。もしかしたら、バッキ―に家族の元へ送って欲しかったのかもしれない。復讐を果たすために多くの犠牲を払った。ワカンダのティチャカ国王の暗殺。ワカンダにとっては国王の仇。決して許すわけにはいかない存在。家族を亡くしたからといって許されるわけではない。復讐は新たな復讐を生むだけ。負の連鎖がドンドン大きくなっていく。どちらかが間違いに気づくまで永遠に続く復讐劇。ワカンダの親衛隊に連行されるジモ。簡単には死なせてはくれない。絶対に逃げることができない水中の牢屋。そこで寿命がくるまで監禁される日々。もしかしたらワカンダの科学力で寿命もくることなく永遠に罪を償う日々を送らなければならないかもしれない。しかし、もったいない。絶妙のキャラ。もっと活躍して欲しかった。過去に罪は犯したけれど、今回は結構役に立っていたはず。これで終わりではないはず。抜け目のないジモ。チャンスをうかがっているはず。ワカンダの牢獄から脱獄して一波乱起こすことを画策しているのかもしれない。

段々と泥沼にはまっていくカーリ。これも超人血清の副作用なのか?教師を目指す心優しい少女だったに違いない。それが今やGRCを敵視し殺戮を行うとしているテロリスト。サムが言っていたように目指すものは正しいのかもしれない。しかし、手段が間違っていれば世間から認められることはない。殺戮は殺戮を生んでいく。なんの罪もない人々が巻き込まれて行く。難民キャンプの人々がフラッグスマッシャーズに協力した容疑で次々と連行されていく。こんなことになるとは想像していなかった。しかし国家は容赦ない。尊厳を傷つけた代償。報復は報復を生んでいく。どちらかが倒れるまで繰り返される。巻き込まれる人々。助けようとしていた人々の命が次々と奪われる。そんなことをカーリは望んでいたのか?教師を目指していた心優しい少女。その面影は消え去った。理想を実現するために犯罪者と協力するカーリ。もう後戻りはできない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)



スポンサーリンク
レクタングル(大)