フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン3第6話 赤い土 レビュー 最初の印象と変わって来たわ




注意:ネタバレです


amazonプライムビデオ公式サイトから引用
© 1996-2017, Amazon.com, Inc. or its affiliates

レビュー

さすがのマディソンも、アリシアと同じ年頃の子を撃つ事は出来ひんかったね。

そら躊躇するわ。

自分の娘がウォーカーになったらと考えてしまうもんね。

想像の中での事と違うから。

明日そうなるかもしれへん現実の事やから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

先住民のリーダーであるウォーカーの思うつぼやね。

恐怖をあおって自主的に出て行かせて共同体を壊滅させる。

創始者の一人であるバーノン一家も、出て行ってしまった結果殺されてしまった。

共同体の中でぬくぬくと生活していた人たちに外の世界は過酷過ぎる。

その現実が分かってない。

外に出れば守ってくれる人はいない。

脅威は感染者だけではない。

同じ人間である略奪者が最大の脅威。

そんな現実をバーノン一家は分かっていない。

警告したのに出て行ってしまった。

自業自得と言われてもしょうがない。

でも、これってトロイがやった?

仲間達にはバーノンは追うなと言ってた。

でも、発言力の強いバーノンが出て行ってしまったら、それに続く人が続出するのは目に見えてる。

外の世界の方が危険であると示すのが最善の方法になってくる。

バーノン一家が殺されたという事実があれば住人たちは留まるはず。

トロイがやったというハッキリした描写はない

でも、マディソンとの会話からトロイがやったのは間違いなさそうやね。

ジェレマイアは参ってしまってるね。

次は自分の番やと恐怖に怯えてる。

他の人達に怯えてる姿を見せる事は出来ない。

心を許してるニックの所で本音をぶちまけたね

余程ニックの事を信頼してるんやろうね。

もしかしたら、自分の息子達よりもニックの方が共同体のリーダーに相応しいと思ってるのかもしれへんわ。

ジェイクは、頭の中がお花畑やん。

敵地に一人で向かうって何を考えてるの。

自分が人質になったら不利になるとか考えへんのかな。

話し合いで解決できる相手なら、とっくに解決してるやろ。

そんな事も判断できひんのか。

ジェイクは、こんな世界になる前の平和な世の中なら、リーダーとして相応しかったのかもしれない。

でも、危険と隣り合わせの世界では、甘すぎてリーダーとしては不適格やわ。

周りの人達も危険な目に引きずり込んでしまうタイプやね。

こんな世界ではトロイの方がリーダとしては相応しいのかもしれねいね。

最初は嫌な奴やったトロイが、いい奴に見えてきてしまう。

マディソンの助言でリーダーに相応しい考え方になって来たのかもしれない。

まるでマディソンが母親みたいになってる。

トロイも理想の母親としてマディソンを見てるのかもしれない。

逆にリーダーに相応しいと思っていたジェイクがマヌケに見えて来た。

人は上っ面だけでは分かれへんわ。

ジェレマイアは父親として見抜いてたんかもしれへんね。

だからトロイにやりたいようにやらしてたんかもしれへん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする