牙狼(GARO)VANISHING LINE 第19話「FAREWELL」感想




注意:ネタバレです


牙狼VANISHING LINE 公式twitterから引用
©「VANISHING LINE」雨宮慶太/東北新社

レビュー

ソフィ拉致

エルドラドのプログラムが完成したみたい。

ガルエンド社のプログラマーたちも用済みになったみたい。

街の真ん中にあるガルエンド社。

周りに魔界の植物が生えて来てる。

プログラムが完成したから、隠す必要もなくなったんやね。

社内にいた社員たちも次々と植物に喰われてる

これはクィーンの仕業やった。

ソードとルークの二人を相手に一歩も引けを取らない。

さすが三剣の一人。

そこらのホラーと比べても桁違いに強いね。

でも、罠やったね。

さっき助けたガルエンド社の社員。

一人だけ生き残ってるのは、どう見ても怪しい

ルークとソードは全く気付かんかったんかな?

この二人やったら、変装していても気付きそうなもんやのに。

正体はビショップの手下のスタンリーやった。

何か怪しげな研究をしてる博士みたいな奴やったね。

魔法まで使う事が出来るんや。

まんまとソフィをかっさらって行った。

クィーンは囮やったんやね。

ルークとソードの二人を、まともに相手にする気なんて無かったんや。

時間稼ぎが出来ればいいと思ってたんやね。

見事に目的が達成されてしまった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

スタンリー

スタンリーには、びっくりやね。

体が赤ん坊サイズやったんや。

おっさんの顔に小さい体。

オムツまでしてるわ。

小さい体が、大きい体の首の所に入ってたんや

大きい体は、どうやら作り物みたいやね。

ホバークラフトみたいに浮いてるわ。

凄い速さで移動できるみたいやけど、ソードも負けてないね。

なんとか、追いついた。

ビショップにとっては、捨て駒やったみたい。

スタンリーの口に爆弾をねじ込んでるわ。

使えん奴には容赦ないね。

このぐらい非情でないと、三剣なんてやってられへんのやろうね。

マーティン・へネスの部屋

ソフィ、遂に兄であるマーティン・へネスの部屋に辿り着いたね。

偶然にしては、出来過ぎ。

あんな真っ暗な廊下を、スタンリーに追われながら歩いていて見つけるなんて、そんな偶然てあるの。

見えない力が働いたんやろうね。

それとも、誰かがワザと見付けるように仕向けたのかな?

でも、どういう事やろ?

ソフィからの手紙が大量に置いてある。

ソフィは、そんな手紙は送った覚えはない。

送るにしても、兄は行方不明で居場所が一切分からんかった。

だから、偶然出会ったソード達とエルドラドにやっとの思いで辿り着いた。

兄は騙されたのか?

ソフィからの偽の手紙を届けて安心させて、プログラムを作るように仕向けてたのかも。

でも、マーティンは、ソフィ想いやね。

妹の事しか考えてない。

机の上に置いてあったノートにもソフィのためしか書いてない。

全ては、ソフィのため。

エルドラドに来たのもソフィのために来たと書いてある。

でも、何故ソフィに黙って行ってしまった?

何か後ろめたい理由があったに違いない。

何もなければ、一言ソフィに相談があったはず

若しくは、ソフィも一緒に連れてきたはず。

部屋は真っ暗で中には誰もいない。

兄、マーティン・へネスはどこに行ってしまったの?

ソフィとマーティンの再会

ソフィと兄マーティンの感動の再会とはいかんよね。

その前に、ビショップに水の中に投げ込まれた

中心に魔方陣のある水の中。

絶対、何かあるに違いない。

ソードが助けようと追って来たけど、間に合わなかった。

でも、目覚めると水の中でなく部屋の中。

体も濡れていない。

外に出ると見た事のある後姿が立っている。

兄であるマーティン・へネス。

でも、絶対違うと思う。

何か、違和感がありまくり。

ソフィを助けようと、水の中に入ったソードも目覚めた。

机の上に突っ伏してる。

体も濡れてない。

こっちも何か違和感ありまくりやん。

女性が背中を向けて料理をしてる。

もしかしてソードの妹?

でも、ソードの妹はホラーが起こした事故で死んだはず。

一体、どうなってるんやろう?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)