【海外ドラマ】ジェシカ・ジョーンズ【MARVEL】シーズン3第13話(最終話)「AKAすべて」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

jessicajones
NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2022Netflix.inc

第13話:「AKAすべて」レビュー

悲しい結末。
最も大事な人を自ら捕まえなくてはならないジェシカ。
闇に落ちたトリシュを助けることができなくなってしまった。
もう後戻りはできない。
トリシュを野放しにすれば能力を使い犯罪者を殺し続ける。
そのうち犯罪者だけでは満足できなくなってくる。
やがて裁く事を忘れ能力は暴走し殺戮に走る事は目に見えている。
それを止めるためにはトリシュを捕まえるしかない。
ジェシカの苦渋の選択。
逃がす事ができれば逃がしたかった。
しかし、一線を越えてしまったら歯止めが効かなくなる。
たった一人の家族。
守ろうとしたが守り切れなかった。

ルーク・ケイジの登場。
ほんの顔見せ程度。
電話でよかったのにわざわざジェシカに声をかけに来たルーク。
同じ能力者として闇の誘いを実感した仲間。
その怖さを知ってるから声をかけに来た。
自ら能力の闇に引き込まれた兄をラフト送りにしたルーク。
ジェシカがこれからやろうとしてる事がいかに悲しいことかを実感した経験者。
だから、いてもたってもいられなくて声をかけに来た。
手伝ってはくれないのか?
声をかけに来ただけなのか?
銃弾を通さない皮膚と怪力で手伝ってくれたらどれだけ心強いか。
でも、すぐに帰ってしまった。
恐らく手伝いをジェシカが断ることを想定していたのであろう。
そうでなければ何をしにきたのかわからない。

トリシュがラフトに送られるのを見送るジェシカ。
ジェシカに気づくトリシュ。
二人は何を想うのか?
トリシュを見送った後に街を出ようとするジェシカ。
切符売り場での声は誰の声?
あの声で街を出る事を思いとどまったようにみえたけど。
謎の声の正体がわからない。
もしかして神?
それともあの場に能力者がいてジェシカの頭の中に語り掛けてきた?
どちらにしても切符を受け取らなかったジェシカは街に戻ったに違いない。
悪人は一掃できていない。
悪人がいる限りヒーローは必要。
街に戻ったジェシカの活躍、打ち切りになってしまったからもう観れないのが残念。
でも、きれいな終わり方でよかったのかもしれない。
これで完結でよかった。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大