スポンサーリンク
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第10話(最終話)「第10章」レビュー(ネタバレ)

あれだけの人を殺しておいて無罪になったリー。裁判なんていいかげんなもの。ポー家の特殊な薬物が影響して正常な判断力がなくなっていたという判断。やったもん勝ち。精神的におかしくなっていたら何をやっても許される世の中。メイソン殺しでも無罪を獲得。
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第9話「第9章」レビュー(ネタバレ)

注意:ネタバレ 20世紀スタジオ公式サイトから引用/©2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. 第9話「第9章」感想・レビュー(ネタバレ) 再生数を稼ぐのも命懸け。事故した車と遺体を見つ...
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第8話「第8章」レビュー(ネタバレ)

極限状態での告白。もう、これで最後と覚悟を決めたリー。ポーク家に拉致されて生きたまま肉を削がれる食料備蓄状態。フローラに別れの言葉を残しておきたい。最後の最後に真実を告白する覚悟を決めました。やっぱり殺していましたね。メイソン殺しはリーの仕業。
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第7話「第7章」レビュー(ネタバレ)

なんやねんこの男。なんで散々シェルビーのこと責めてたんですか?あなたも魔女とやってたじゃないですか。確かにシェルビーも悪おます。一夜限りとはいえ浮気したのはあきません。だからと言って自分のことを棚に上げてはいけません。マットが屋敷にやってきた理由。
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第6話「第6章」レビュー(ネタバレ)

そなりますわ。「ロアノークの悪夢」はバカ売れ。シーズン2を作ろうとするのは自然の流れ。でも、マットとシェルビーが逃げ出して話は終わっている。実話を元にすればどうやっても面白く話を広げていけそうには思えない。
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第5話「第5章」レビュー(ネタバレ)

この屋敷を立てた人物エドワード・フィリップ・モット。「怪奇劇場」のダンディ・モットのご先祖様。なぜダンディがあんな大金持ちなのかと思ったらご先祖様から大金持ちだったから。でも歴史学者は言っていた。モット家は途絶えてしまったと。本家なの?分家なの?でも悪い奴ではなさそう。
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第4話「第4章」レビュー(ネタバレ)

屋敷の中でピギーマンに襲われるマットとシェルビー。突然ヒーローのように現れた男。ピギーマンを倒す男。死んだと思っていたのに突然現れてビックリ。死んだと思っていたのはこっちの思い込み。どこにも死んだ描写はありませんでした。食料貯蔵庫に残されたビデオ。
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第3話「第3章」レビュー(ネタバレ)

突然やって来た霊能者のクリケット。どこからどうみても胡散臭すぎる。FBIと協力して事件を解決。調べてみたら本当だった。プリシラの存在を言い当てるクリケット。どうやら霊能力は本物らしい。フローラの居場所を捜すためにプリシラを呼んだのにブッチャーがやってきた。
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第2話「第2章」レビュー(ネタバレ)

謎の集団の謎の儀式。男に豚の頭をかぶせて丸焼きにしている。まるで何かに生贄を与えているような儀式。そんな危なそうな儀式を木の陰に突っ立ってボーっと見ているシェルビー。本当に警戒心がありません。しゃがむなりして少しは身を隠そうとしましょうよ。命の危険を感じてるんでしょ。
海外ドラマ

【海外ドラマ】アメリカンホラー・ストーリー《体験談》シーズン6第1話「第1章」レビュー(ネタバレ)

田舎に引っ越す時は十分に下調べをした方がいいと思います。都会で暴漢にいきなり殴られ意識不明になったマット。危ない都会はこりごりと妻のシェルビーと共に田舎暮らしを始めることにした。物件を探していると大きな古い屋敷を発見。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました