【海外ドラマ】ウォーキングデッド シーズン10第18話「俺を見つけてくれ」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

walkingdead
ウォーキング・デッド公式サイトから引用
© FOX Networks Group Japan All rights reserved. / © 2021 BS-FOX

第18話:「俺を見つけてくれ」

橋の爆発に巻き込まれて行方不明になったリックを捜していたころのダリルのエピソード。静かな感じのイメージビデオのような展開。コミュニティを離れて一人で森の中を徘徊するダリル。森の中の小屋で一人で生きる女性リアとの出会い。この話の中での一番の収穫はドッグの素性が分かったこと。元々リアが飼っていた犬がダリルになついてついて来た。子犬の頃からダリルになついていたドッグ。犬にドッグと名付けるとは横着にもほどがあると思っていたが、ダリルが名付け親ではなかった事実が判明。リアもたった一人の家族であるイヌに名前を付けてなかったのね。ダリルに聞かれて咄嗟にドッグといったのが名前になってしまった不幸なドッグ。適当すぎるにもほどがある。リアって大丈夫なのかな?共に暮らしていた家族同然の仲間たちを亡くしたショックを引きずっているみたい。姉さんと呼んでいた人の子供を自分の子のように愛して育てていた。ウォーカーに噛まれてしまった最愛の子を亡くしたショック。何か違和感を感じる。息子を亡くしておかしくなっていた頃のモーガンのような違和感。人を拒絶する感じ。だから、初対面でダリルにショットガンを向けて縛り上げたのか?警戒心?誰も信用できない不信感?愛する人を亡くす喪失感を二度と味わいたくないから拒絶するの?

ダリルのゲイ疑惑も晴れた。シーズン10まで女性といい関係になることが全くなかった。キャロルとは仲はいいが男女の関係ではない。姉弟のような関係、もしくは親友のような関係。自分と同じように孤独で人を拒絶するリアに心を許したダリル。急接近でいい関係に。がっつりとラブシーンがないのはコロナの関係?みなさんで勝手に想像して下さいというような場面。たぶんダリルとリアはいい関係になっている。恋のキューピットはドッグ。でも、うまくいかないもの。リックのことを忘れることができないダリル。いつまでもリアとイチャついてる暇はない。ここでリックを捜すことを諦めてしまっては、今までの苦労が水の泡。そんなことは知った事じゃないと切れ気味のリア。後ろ髪をひかれる思いでリアの元を後にするダリル。久しぶりに戻って来たらリアの姿はどこにも見当たらない。残されたドッグがどうやってご飯を食べていたのかは謎。自ら出て行ったのか、何者かに連れ去られたのかも不明。でも、リアの精神的に少しおかしな感じが引っ掛かる。もしかして、ひょっとしたら、自爆したスナイパーが信仰していた教祖様ってリア?どうなんやろ?リアはこのまま退場?でも、それならこのエピソードが何のためにあったのかもわからない。このエピソードだけで終わるとは思えない。リアの再登場はあるのか?その時にはダリルの敵?それとも変わらず最愛の人?どっちの立場で登場するのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)



スポンサーリンク
レクタングル(大)