【海外ドラマ】ウォーキング・デッド シーズン11第14話「ザ・ロットン・コア」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ


© 2022 Disney and its related entities. All Rights Reserved.

第14話:「ザ・ロットン・コア」レビュー

息子つながりやね。
バカ息子と復讐に燃える息子。
このバカ息子、誰かどうにかして~。
もう、殺した方がいいよ。
でも殺したら自分の命も危なくなるもんね。
それにしても人の命をなんとも思ってないのが怖すぎる。
どんな育て方をしたらこんなバカ息子になるの。
パメラ議員は政治の手腕はあるのかもしれへんけど、子育てに関しては0点やん。
いくら忙しかっても息子の事をほったらかしにしたらあかんやん。
人様に迷惑かけまくってるのも知らんのかな。
知ってるよね。
知ってて目をつぶってるふしがある。
でも、人が死ぬ事態にまでなってるなんてそこまでは思ってないのかも。
誰か報告したらいいのに。
怖いんやね。
自分の立場が危うくなるのが怖いんやね。
それに報告したところで息子に甘いパメラやったらもみ消すかもしれへん。
そんなことをされたら自分の命も危うくなってくる。
パメラが手を下さなくてもバカ息子に抹殺されるのは確実。
そら、誰も報告せえへんわ。
今回はダリルとロジータやったから切り抜けられた。
それまでに何人も死んでるのに人を送り続けるって言うのも狂ってる。
せっかくバカ息子の悪事を表ざたにするチャンスやったのに。
唯一の証人が死んでしまった。
これは痛すぎる。
カバンが引っ掛かるとは予想外。
でも、カバン離せばいいやん。
パニックになってるからできひんのやね。
そら焦るよね。
冷静な判断なんかできんようになるわ。
マーサがかっこよすぎるやん。
それ以上にキャロルが有能すぎる。
ランチの約束しとくもんやね。
ダリルがランチに来ないからおかしいと思った。
ダリルがキャロルとの約束は絶対に守ると言うのがよくわかるシーンやね
来てくれへんかったらダリルもロジータも終わってたよ。
マーサもバカ息子にかなり頭に来てるみたい。
あの兵士たちの頭を撃ち抜いたのも八つ当たり入ってるよね。
マーサでもどうしようもないんやね。
バカ息子に顎で使われてるし。
反抗したら妹共々、外に放り出されるのは目に見えてる。
自分だけならしょうがないけど妹をそんな危険な目にあわせるわけにはいかへん。
外が危険なのは誰よりも理解してるし。
ほんまに誰かバカ息子をなんとかしてほしいわ。

ニーガン結婚してたんや。
えらい急展開やね。
そらこのコミュニティを守るために必死になるわ。
ここにもバカ息子がおった。
マギーの息子。
なんでついて来るの。
足手まといになるやん。
人の迷惑考えてよ。
仏頂面で可愛げがない。
他にキャスティングできんかったん?
監督の意図があるの?
なんかニーガンがかわいそうになってくる。
やったことは到底許される事ではないけど、悔いてるのはにじみ出てる。
でも、しょうがないやん。
自分のためにやったんではないし。
聖域の人たちを守るためにやったこと。
最初にロケットランチャーぶっ放したのはリックたちやし。
戦争になってしまったから仕方がない。
双方に責任の一端があるのは事実。
でも、そんなことをハーシェルに言ってもわからんやろうね。
子供が銃を持ち歩くなよ。
そこで銃を撃つことがどんな危険を招くかもわかってない。
ニーガンが撃たれるかもってドキドキしてしまった。
さすが元学校の先生やね。
子供を諭すのがうまいよ。
なんとか銃を取り上げることができてよかった。
これも母親のしつけがあかんね。
偉くなると子育てがおろそかになるん?
マギーもパメラもコミュニティのリーダー。
優秀なリーダーと優秀な母親は両立が難しいのかな。
二人をみてるとそう思えてくる。
自分でしつけをできひんのなら教育係でもつけなあかんよ。
全部自分でしようとするからバカ息子が出来上がってしまうんよ。
もう、修正もむずかしいやろうね。

結局、無駄な争いやったということやね。
あの元CIAが無能すぎる。
ここに奪われた武器があると思い込んで無実の人たちを殺しまくった。
最終的には自分も命を落としてる。
生きながらウォーカーに食われる罰ゲーム。
自業自得やん。
真犯人はリア。
これって絶対にコモンウェルスに攻めてくるよね。
アレクサンドリア側とコモンウェルス側で争ってる場合とちゃうで。
団結して守りを固めんと全滅してしまうよ。
相手は元軍人。
戦闘のプロやん。
素人の寄せ集め集団では勝てるかどうかもわからへん。
でも、リーパーズはみんな殺されてリアひとりで逃げてたよね。
武器を集めてもひとりでは限界があるよ。
それともあの場にいなかった仲間が他にもいて集めたとか?
バカ息子問題よりも、もっと深刻な状況になりそうな予感。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大