【海外ドラマ】ウォーキング・デッド シーズン11第2話「アケロン:パート2」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

walkingdead
Disney+公式サイトから引用
© 2021 Disney and its related entities. All Rights Reserved.

第2話:「アケロン:パート2」レビュー

ニーガン凄いわ。
言ってる事に筋が通ってる。
マギーが悪者に見えてくる。
自分を殺そうとしてる奴を、なんで助けないとアカンねん。
助けなかっただけで、殺そうとはしてない。
その通りやん。
説得力ありすぎ。
きれいごとではないよね。
よくある美談。
敵同士が命を助けられることによって和解して仲間になる話。
ないよね。
最愛の人を殺されてるのに、命を助けられたからと言って許せるはずがない。
やっぱり顔を見たらムカついてくるし。
マギー自身、グレンを目の前で撲殺された光景は忘れようとしても忘れられないはず。
そんなマギーもニーガンと同じことしてるやん。
仲間を見捨てた。
なんとかして助けようとする姿勢もみえへん。
なんかあっけなく簡単にあきらめてる。
こころの中で言ってそう。
助けなかっただけで殺してない。

ドッグがアホすぎる。
ドッグに振り回されるダリル。
なんか吠えながらどっか行ったけど。
何を思って走り去ったの?
走り去った先にはウォーカーしかいないし。
単なる気まぐれで走っただけ?
走りたかったから走っただけ?
吠えたかったから吠えただけ?
そんなドッグを律儀に追いかけるダリル。
命の危険をおかしてまでドッグを追いかけるなんて、もう家族やね。
連れて来ん方が良かったんと違うかな。
つないどいた方が良かったんと違うかな。
でも、結果的にはぐれて仲間も見つかったし。
電車の反対側に回り込めて仲間を助けることもできたし。
全部ドッグの手柄になってしまったね。

ステファニーは架空の人物ではなかった。
もう、なんかユージーンの前に現れた時にユージーンと同じ気持ちになってしまった。
ホッとしてホロっとして。
正直にステファニーの事を言ってよかったね。
試されてたんやね。
嘘つきなのか?
正直者なのか?
それぐらい慎重に選別しないと、おかしな奴を街に入れたら火種になってしまう。
ひどければ仲間を呼びこまれて街を奪われるかもしれない。
慎重すぎるぐらいテストをしてたのも理解できるような気がする。
コモンウェルス、いったいどんな街なんやろ?

一難去ってまた一難。
なんか強そうな敵が現れた。
どうするの?
なんか完全武装してるよ。
あんな遠距離から飛び道具使って当てて来た。
明らかに戦闘慣れしてる集団。
いきなり攻撃してきたということは話し合いをする余地はなし。
問答無用で皆殺しにするのが目的。
正気じゃないよね。
道の両側に吊るした死体が延々と続いてる。
まるで戦利品。
人を物のように扱うなんて正気じゃない。
でも、メリディアンに行くには、この道を進んで行かなくてはならない。
十分な弾薬があれば、何とかなったかもしれない。
でも、今は弾薬を失くしてしまい残り少ない弾薬で戦わなければならない。
逃げれば追ってくる。
戦うにしても十分な武器がない。
八方ふさがり。
どうするの?

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大