【海外ドラマ】ウォーキング・デッド シーズン11第3話「ハンテッド」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

walkingdead
Disney+公式サイトから引用
© 2021 Disney and its related entities. All Rights Reserved.

第3話:「ハンテッド」レビュー

これってマギーの判断は正しかった?
ニーガンが危険だと警告していたのに、強引に前に進んで行った結果。
次々と仲間を失ってニーガンと二人っきり。
かろうじてアルデンは命を落とさずに済んでるけど、危ない状態。
マギーとニーガンが戻って来なければ自力ではアレクサンドリアに戻れない状態。
確かに食料が底をつきそうな状態だから強引に進まなくてはならない状況なのは理解できる。
でも、全滅してしまっては元も子もない。
まさか、あんな攻撃的な奴らがいるとは予想外。
ウォーカーだけなら突破できたかもしれない。
あいつら何のために襲ってくるの?
別に食料を横取りしたわけでもない。
こっちから攻撃したわけでもない。
ゲイブリエルが追い詰めた奴が、宗教的な言葉を口にしていた。
新手の新興宗教?
まさかフィアー・ザ・ウォーキング・デッドに出てたあの集団と関係があるとでも?
しかし、ゲイブリエルは血も涙も捨てたね。
神の慈悲なんてくそくらえ。
もう、信じてないね。
神父の恰好をしてるけど、神にすがっても何も起きないと確信してる。
信じられるのは自分だけ。
とっくに信仰心なんかなくなってる。
神に仕える神父であるからこそ、一番身に染みて実感してるのかも?

馬かわいそう。
でも、しょうがないよね。
キャロルは凄いよ。
こんなことやりたくないのに。
でも、誰かがやらんと飢え死にしてしまう。
人に押し付けるぐらいなら自分でやる。
苦労してやっと見つけた馬。
それも一頭ではなくて数頭が群れていた。
やっと馬を連れ帰った安堵感から馬に膝枕して可愛がっているのかなと思った。
ほのぼのとした光景。
まさか馬の喉を掻っ切るなんて、度肝を抜かれた。
一瞬、キャロルがおかしくなったのかと思ってしまった。
でも、すぐわかった。
涙を浮かべるかキャロル。
だれもこんなことやりたくないよ。
でも、みなが生きていくには仕方がない。
生き物に感謝。
残さず食べるのがせめてもの償い。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大