【NETFLIX】ベター・コール・ソウル シーズン4第8話「故郷の声」レビュー(ネタバレ)



注意:ネタバレです

bettercallsoul
netflix公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

キムは、ジミーに愛想を尽かしたのかと思ったよ。ジミーが、喋りかけても表情変えずに事務的対応。以前のキムとは明らかに違う。ジミーの事を愛してないのかと思った。戦闘モードに入ってたんやね。ヒューエルの裁判に勝つ事のみを考えてたんや。だから、ジミーが何を言っても上の空やったんやね。でも、勝つための代償は大きかったよ。これがバレたらキムの弁護士資格も危うくなってしまう。明らかに違法やん。アイデアを出したのはキムやけど、実際の方法を考えて実行したのはジミーやね。もう、これは才能。ソウル・グッドマンの始まりやね。

最初の場面でバスに乗るジミーを見送る冷たい表情のキムを見た時に破局したんかと思ったわ。てっきり、別れる事になってジミーが家を出たんかと思ったよ。全然、違うかったね。遠いルイジアナに行ったのも理由があったんや。さすがに検事も暇やないから、そんな遠いところまで確認しには来ないと踏んだんやね。凄い数の手紙を書いたもんやね。バスの中でずっと手紙を書いてて酔わへんの?普通やったら、すぐに気持ち悪くなりそうやけど。気持ち悪くなってる場合と違うかったんやろうね。

ヒューエルを助けるためにジミーは必死になってたんや。なんで、そこまでヒューエルを助けるために一生懸命になってるんやろ?ただの雇った用心棒やのに。困ってる人をほっとけないんやろうね。元来、底抜けにいい人なんやと思うわ。ヒューエルは、今回の事に恩義を感じてジミーについて行く事になるんやろうね。腱鞘炎になりそう。最初は、一人で全部書くつもりやったんかな?だから、ペンを変えたりペンの持ち方を変えたりして筆跡を変えてたんや。でも、さすがに疲れてしまったんやね。バスに乗り合わせた人たちに金を払ってやってもらってる。この頃はスマートフォンはないから、長距離バスの中は暇なんやね。やる事ないもんね。手紙を何通か書けば小遣いもらえるとなれば、みんなやるよな。

ナチョ、死んでなかったんや。撃たれた傷が悪化して死にかけてたやん。あれは何やったん?ケロッとしてるよ。サラマンカがやってたのと同じような事をしてるよ。追い込みが甘いと活を入れてる。それにしても、豪邸に住んでたんや。父親とは、えらい違いやね。金庫に入ってたんは、偽造IDカード?カナダに逃げる計画をしてるんやね。いざとなったら父親と一緒に逃げる事を考えてるんや。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

さすがにマイクも職人たちに息抜きをさせへんと限界やと思ったんやね。ストリップにご招待やね。やっぱり、トラブルメーカーのカイやね。おとなしくしてるはずがないと思ったよ。案の定、女の子に手を出してシバかれそうになってる。ストリップは見るだけやん。手を出したい気持ちは分からんでもないけどアカンよ。ルールは守らなアカン。マイクも、やっぱりこいつかと思ってるんやろうね。子供みたいな奴。でも、予想に反してもっとやばい事をやってしまった人がいてたわ。それも、なんでこの人なんやろ?職人のリーダーのおっちゃんベルナーやん。酒飲んで調子に乗ってしまったんやね。地下に秘密基地を作ってる事を見ず知らずの人に喋ってしまいよった。これ、死亡フラグやね。殺されても文句言われへんよ。やばい仕事をしてるという自覚がなさすぎ。「妻とこんなに長い間離れたのは初めて」って言うてたけど永遠に離れる事になるんと違うの?ベルナー、ええ人みたいやから死んで欲しくないよ。

ガスのチェックが怖すぎるよ。ガスにベルナーの事を聞かれたマイクが問題ないと言うてたけど、内心またやらかすと思ってるんやろうね。でも、かばったんやと思うわ。マイクもベルナーの事を気に入ってるんやね。だから、かばった。でも、ガスはお見通しやと思うよ。あの、氷のような目でマイクの一瞬の心の迷いを見抜いてるに違いないわ。ヒューエルの裁判に勝ったことが決まった後、階段の踊り場でキムがバーンとジミーを突き飛ばして切れまくるんかと思ったよ。「こんな事は二度とさせないで!!」って言うんかと思ったよ。???いきなりブチューって、どうなってるの?

ヒューエルの裁判に勝つために、感情も愛情も殺して全精力を傾けてたんやね。それが勝ったと決まった瞬間に爆発した。それでジミーにブチューなんや。ジミーに愛想を尽かしてなくて良かった。前と変わらず愛してるんやね。でも、キムが段々壊れて行ってるような感じがしてる。ジミーもキムの事が分かれへんようになってきてるんやね。こんな違法な事は二度とせえへんのかと思ったら、またやると言うてる。ジミーもキョトンとしてるよ。キムの頭の中のネジが一本一本外れていってるのかもしれへん。メサヴェルデの案件には、やりがいを感じてないんやろうね。自分の仕事ではないと違和感を感じてるんかもしれへん。本当に困ってる人を助ける達成感の虜になってしまったんや。

これが本来の弁護士のあるべき姿なんやけど、法に則って裁判に臨まないとアカン。キム、大丈夫なんかな?今回の方法に味を占めてしまった?万引きをした人は、スリルを忘れる事が出来なくなって犯行を重ねてしまう。もしかして、キムもそんな感じに陥ってしまったのかな?どちらにしてもキムの弁護士としての未来に暗雲が立ち始めてるよ。なんか嫌な予感がする。違法な証拠ねつ造がばれて、キムが逮捕され弁護士資格剥奪とか最悪のシナリオは悲しすぎるからやめて欲しいよ。でも、なんかそうなりそうな感じもする。それはそうと、ラロ・サラマンカって誰?ブレイキング・バッドに出てたかな?あんまり記憶にないねんけど。ナチョとひと悶着ありそう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)