<NETFLIX>ブラックライトニング 第12話「復活と光:果てしない痛み」見所(ネタバレ)



注意:ネタバレです

ブラックライトニング
netflix公式サイトから引用/©1997-2018Netflix.inc

レビュー

病み上がりトビアス

トビアス、久しぶりの登場。

電撃銃で撃たれた傷を、ASAの基地で治療してた。

政府の秘密組織と犯罪組織のボスが繋がってる。

ASAのプロクターは、メタヒューマンの能力を手に入れた子供たちをさらってる。

子供達の能力を利用しようとしてる。

でも、ワクチンの副作用なのか実験は失敗。

子供たちが次々と死んでいっている。

このままでは、全員死んでしまうのも時間の問題。

費用をかけて拉致した子供たちをカプセルに入れて生かしてる

それが、全て水の泡になってしまう。

そうなれば、プロクターも責任を取らなければならない。

実験を成功させるカギは、ブラックライトニング。

彼は、ワクチンを接種したにも関わらず副作用が現れていない

ブラックライトニングを捕えて遺伝子を解析すれば謎が解けるはず。

今だ、ブラックライトニングの正体は分かっていない。

そこで、トビアスに白羽の矢が立った。

病み上がり後の仕事。

今度は失敗する訳にはいかない。

失敗が続けばASAに消される。

それよりも、ブラックライトニングのせいで妹が命を落とした

その恨みも晴らさなければいけないから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

治療

ハゲに朗報

どんな方法でブラックライトニングをおびき寄せるのかと思っていた。

彼が普通に歩いてる。

これには、ビックリ!

脊椎損傷で医者からも見放されていたはず。

一生車椅子生活を宣告されていたはずのカリルが普通に歩いている。

トビアスは、彼をガーフィールド高校へ送り込んでブラックライトニングをおびき寄せる事を考えていた。

脊椎のインプラント。

ギャンビが言っていたように人間では実用化されていない。

ASAの科学は、どれだけ先を行っているのか?

この技術を使えば多くの人達が救われるはず。

でも、ASAは人を救うことには興味がない。

自分達の都合のいいように人々の心を操ろうとしている。

政府の機関なのに、こんな考えでいいのか?

設立当初は、国民のためを考えていたのかもしれない。

いつから、こうなってしまったのか?

カリルは、髪型まで変わってしまった。

ドレッドヘアーで決まってる。

前よりもカッコよくなってる。

ジェニファーも惚れ直したんと違うかな?

薬を飲んだら髪の毛がフッサフサになった。

ハゲには朗報。

ASAは、何よりもこの薬を実用化するべき。

世界中のハゲが救われる。

いろんな最先端技術を実用化してるASA。

でも、裏があるに違いない。

最先端地術は、完全ではないはず。

だから、カリルのように世間に対して恨みを持つ者に施工する

万が一、何かがあっても世間は気にも留めないから。

カリル、はっちゃける

カリルは、歩けるようになっただけではなかった。

ASAが慈善事業をするはずもない。

カリルは驚異的なパワーも手に入れていた。

ASAがカリルを戦闘員として利用するため。

でも、カリルは利用されている事に気付いてない。

脊椎を損傷する前はガーフィールド高校の陸上部のエース。

オリンピックでメダルを期待されていた存在。

車椅子になった途端、みんな手のひらを返した。

恋人のジェニファーも、去って行った。

その時のことをカリルは鮮明に覚えている。

カリルの世間を恨む気持ちをASAは利用した。

ガーフィールド高校を襲ったカリル。

両手に武器を付けてる。

吹き矢のように針を発射してる。

針が刺さって生徒が崩れ落ちる。

麻酔銃のような効果があるのか?

男を片手で投げ飛ばしてる。

脊椎のインプラント手術を受けた時に、メタヒューマンになる手術を受けたのか?

驚異的な身体能力。

ジャンプして二回へ到達してる。

誰も彼を止める事は出来ない。

怒りに身を任せた悪の道に染まってしまったカリル。

もう、後戻りは出来ない。

矢

シオナイド、ええわ

サンダーとシオナイドの、女同士の対決。

迫力満天。

二丁拳銃の銃弾を跳ね返すサンダー。

でも、シオナイドのパンチやキックで吹っ飛んでる。

銃弾を跳ね返すサンダーなのに、パンチやキックが効いてる。

どういう事?

銃弾よりも、シオナイドのパンチやキックの方が破壊力があると言う事?

それなら、二丁拳銃を使う意味が無いと思うけど。

サンダーが銃弾を跳ね返すのは、過去の戦闘データから知っていたはず。

あえて二丁拳銃で撃ったのは、あいさつ代わり?

シオナイドの腕が裂ける。

これは、何?

裂けた皮膚の下はどうなってる?

もしかして、シオナイドはアンドロイド?

ASAが作り出した人型兵器?

サンダーをパンチやキックで吹っ飛ばしてる所から普通の人間ではないはず。

メタヒューマンなのか?

機械の体なのか?

どちらにしても、サンダーには敵わなかった。

いつも、クールにトビアスの側にいるシオナイド。

キャラが立ってるね。

同じくトビアスの右腕のジョーイ・トレドは早々に退場してしまった。

そうならないように、シオナイドはキャラが立ってカッコええから、もっと活躍して欲しい。

やっぱり生き返るんかい!

ブラックライトニングが、死んでしまった。

と思ったら、すぐに生き返った。

なんとタイミングがいい。

ジェニファーが手から電気ショックを放つ。

まるで人間AED。

そんな簡単に生き返る事が出来るの?

あまりにも、上手くいきすぎな感じ。

今までジェニファーは、うまく能力をコントロールする事が出来なかった。

父が息をしていないのを見て、何とかしなければと心の叫びがそうさせた?

今回の事でジェニファーも理解したのかも知れない。

自分の能力は、人を傷つけるだけではない。

人を助ける事も出来る。

神が授けてくれた能力。

そのおかげで父を死の淵から救う事が出来た。

自分に能力が無ければ父は帰らぬ人となっていた。

自分の能力を恐れるのではなく。

人を助ける事に使わなければ。

一度、心臓が止まってしまってたジェファーソン。

かなりのダメージを受けてる。

一人では動けないほどのダメージ。

ギャンビが隠れ家の山小屋を用意した。

ASAはブラックライトニングが死んだと思っている。

生きてる事が知られてしまう前に、ジェファーソンを治療しなければならない。

そんなに簡単に回復するものなの?

ジェファーソンは、大丈夫なのか?

不憫なラトビアス

トビアスが焦ってるのが、アホまる出し。

プロクターにブラックライトニングを生け捕りにしろと、あれだけ言われてた。

それなのに、カリルが力加減を間違えてブラックライトニングを殺してしまった。

プロクターも、カンカン。

メチャクチャ怒ってる。

あれだけ、念押ししたのに殺してしまったら怒るのも無理ない

上司の指示通りに出来なかったら、社会人失格。

仕事の出来ない奴として烙印を押される。

今回の事でプロクターは、トビアスが使えん奴と再認識したに違いない。

でも、レディ・イヴがいなくなってしまったから、使える駒がトビアスしかいない。

他に駒がないから、しょうがないね。

トビアスは、プロクターまで始末しようとしてる。

プロクターを始末してASAを自分の手に入れようとしてる。

そのために、ララを呼んだ。

生き返ったことを知ってたみたい。

暗号みたいに特定の言葉で従わせることが出来る。

その言葉を言われたら、ララはトビアスに従うしかない。

逆らう事は出来ない。

ララは、せっかく生き返ったのにトビアスの犬に戻ってしまったね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする