デッドプール レビュー エックスメンも出てるで




注意:ネタバレです

お下品

マーベル映画やけど、今までのマーベル映画とは毛色が違う。

PG15なんで、小さいお子様は見られへん。

刀で首はねたり、グロ描写もあるけど、下ネタ多すぎ。

会話が、お下品。

元のマーベルコミックのデッドプール自体が、こういうキャラやからしょうがないわ。

でも、今までのマーベル映画のイメージで見た人は面食らうやろね。

自分のため

話はスケールが小さいね。
醜くなった自分の顔を治してもらうため。

結論は、自分のために戦ってる。

世界平和とか人類のためとかは全くない。

この辺も、アベンジャーズとかのスケールの大きい話とは一線を画すわ。

まあ、シビルウォーも派手な内輪もめやったから、スケールの小さいテーマやってんけど。

この辺は、デッドプール誕生の話も絡めてるから、どうしてもこうなってしまうんかな?

かけもち

やっぱり、ジョークがアメリカ人向けなのか、あんまり笑えんかった。

クスッぐらいかな?

腹を抱えてゲラゲラっていうわけにはいかんかった。

そもそも、彼女が元売春婦やし。
こんな、ヒーローおったかな?

彼女役してる人はモリーナ・バッカリン。
この人綺麗やね。

ホームランドやゴッサムに出てたわ。
デッドプール役がライアン・レイノルズ。

グリーンランタンやんか。
スゴイね。

スーパーヒーロ役をかけもちしてるわ。

それも、天下のマーベルとDC両方に出るって、こんな俳優おったかな?

劇中で、ベッドで運ばれてる時に「緑のスーツを着るのは嫌や」って言うてて、ニヤリとしてしもたわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)


20世紀フォックス公式サイトから引用
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

エックスメン

能力はスゴイね。
不死身って最強やん。

ウルヴァリンと一緒やね。

ウルヴァリンは生まれつきやったけど、デッドプールは実験でなった。

先天的と後天的の違い。
エックスメンも登場してます。

コロッサス、金属の体を持つ大男。

デッドプールがパンチやキックする度に骨折してたので、相当硬いんやろうな。

性格はクソ真面目いう感じかな。

もう一人が、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド。

長いわ!
覚えられへん!

小柄な丸刈りの女の子。

戦闘となると見た目と違い、炎をまとって物凄いパワーで敵を蹴散らす。

戦闘中にスマホいじったりして、中身は今時のティーンやね。

ウルヴァリンも出ます。
お面だけやけど。

エックスメンと言うには、寂しいメンバーやね

二人とお面だけ。

例の恵まれし子らの学園に行っても、この二人しかいてへん。

他のメンバーはどこ行ったん?
プロフェッサーもおれへんやん。

デッドプールが言うてたように制作費の関係なんかな?

地味やわ

デッドプールがカメラに向かって、やたら話しかけてくる。

これも今までのマーベル映画とは違うね。

この辺は、今までにないキャラやから、新しい試みやったんかな?

敵もなんかショボいね。
見た目は普通の人間やし。

全然、ミュータントって感じがせえへん。

もっと、インパクトある方が良かったんやけど

能力も、怪力と感覚がない。
地味やわ。

今回は、デップー紹介映画っていう感じやね。

活躍はデップー2に期待するわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする