【海外ドラマ】ジェシカ・ジョーンズ【MARVEL】シーズン3第8話「AKAカメラと仲良く」レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ


NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2022Netflix.inc

第8話:「カメラと仲良く」レビュー

これは衝撃的な展開。
全てはサリンジャーの掌の上で踊らされていたジェシカ。
サリンジャーを怒らせて主導権を握っていると思っていたが主導権はサリンジャーにあった。
動画の女性は囮。
はなっから襲う気なんかなかった。
目的は行動を共にしているマスクの女。
マスクの女の正体を突き止めて鉄槌を下すのが目的。
せっかくチームになって来たのに残念。
ジェシカとトリシュとドロシーのチーム。
それぞれが足らない部分を補い合うチーム。
ホガースでさえ突き止めることができていないマスクの女の正体。
それをあっさりと突き止めてしまったサリンジャー恐るべし。
ヒーローの弱点。
それは家族。
トリシュには能力があるから自分の身を守ることができる。
でも、ドロシーは普通の人間。
いかれた殺人鬼に襲われたらひとたまりもない。
そこをついてきたサリンジャー。

ジェシカやトリシュとまともに戦っても勝つ事なんかできるはずがない。
それを理解した上での対策。
激情したトリシュが自分を襲う事まで計算のうちなのかもしれない。
おそらくドロシーの殺害現場にはサリンジャーがやった証拠はないはず。
そんな状況でトリシュがサリンジャーを襲えば世間はどう思うのか?
なんの証拠もないのにヒーローが一般人を襲ってる。
明日は自分が疑われて襲われるかもしれない。
人々からヒーローへの不信感が広がっていく。
恐らくサリンジャーはそれを狙っているのかもしれない。
トリシュは有名人。
彼女が仲間になることにもっと慎重になるべきだった。
絶対に正体がバレないようにしなければならなかった。
ジェシカと関係がある事を悟られないようにするべきだった。
怒りにかられサリンジャーの命を奪おうとするトリシュ。
トリシュが一線を越えてしまったら取り返しのつかないことになってしまう。
全てはトリシュを危険な道に引き入れた自分の責任。
必死でトリシュを止めようとするジェシカ。
間に合うのか?

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大