アウトキャスト シーズン2 第1話 漆黒の町 レビュー なんか習った方がええで




注意:ネタバレです

戻ってきたん

カイル、結局戻ってきたんや。
アンバーを守るために町を出たのに。

どこへ行っても悪魔は、そこらじゅうにおったんやね。

そんな事、町を出る前に想像できひんかったんかな?

アンバーを守る事に必死で、気が動転してたから冷静な判断ができひんかったとか。

どこへ行っても、悪魔がおるんやったら住み慣れた町に帰って来る方がええわな。

アンダーソン牧師とガイルズ署長という仲間もおるし。

ハマっていくね

アンダーソン牧師がシドニーの燃えた家の前に呆然と立ってるけど、何してるん?

アーロンを燃やしてしもたんが、よっぽど気になるんやろね。

神に仕える牧師が、自分の彼女の息子を焼き殺すって、残酷やわ。

そら呆然となるわな。

パトリシアは、その事を知らんからビラを貼って必死にアーロンを探してる。

かわいそうやわ。

まさか、焼き殺されたなんて思ってないんやろうな。

家出したと思ってるわ。

憎たらしい奴やったけど、けなげなパトリシアの姿を見るとかわいそうになるわ。

アンダーソン牧師は言いだそうとしたけど、結局言えんかったんやね。

そら、言われへんよな。

神に使える身やから、ウソはアカンけどほんまの事は言われへん。

ドンドン深みにハマっていくね。

痛そう

シーズン1と同様、不気味な雰囲気やね。
冒頭の食堂の女の人、手グサッって痛そう。

本人はケロッとしてるけど。
悪魔やから、痛みを感じひんのかな?

痛いシーン多いね。

ガイルズ署長に追われてた悪魔、有刺鉄線の間を無理やり通って行くから引っかかって皮膚が取れてたやん。

こっちまで、体ムズムズしてくるわ。

別荘で、2階で気配がしてアンバーが階段を上がっていくところ、ドキドキしたわ。

ホリーが、懐中電灯置いて一点を見つめてるところ不気味やった。

ホリーも憑りつかれたかって思ったら違うかったんや。

アンバーの事が怖いから隠れてただけやったんやね。

結局、悪魔がらみは、何にもなかって思わせぶりやったわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)


FOXネットワークス公式サイトから引用
© FOX Networks Group Japan All rights reserved

なんか習い

カイルは、自分の力を持て余してるわ。

せっかく、特別な力があるのにスカッと使えてないやん。

なんか、もどかしいわ。

ジョシュアのお父さんと戦うところも、悪魔の力に圧倒されてるやん。

ちょっと、顔に手あてて振りほどかれての繰り返しで一向に優勢になられへん。

このままやったら、殺されるでとおもってたらバンってガイルズ署長の銃で助かってるし。

結局、銃の方が強いやんと言うような展開やね
 
もっと、力を有効に使えるように格闘術でも習った方がええんとちゃう。

盛り上がるん?

シドニーは、どこへ行ったんやろ?
森の中の建物で集会してる集団は何?

悪魔の集団かとおもったけど、アンダーソン牧師を襲ってけえへんかった。

まだ分からんわ。

シーズン1同様、話の展開がスローペースやね
 

なんかテンポがないね。
これから盛り上がってくるんかな?

シーズン1でも、いつ盛り上がるんやろと思ってたら最終話になってたし。

原作者がウォーキングデッドの作者ロバート・カークマンやけど、雰囲気は全く違うわ。

ウォーキングデッドをイメージしてると肩透かしを食らうかも。

ドンドン盛り上がる事を期待して見て行こ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする