ベターコールソウル シーズン3 第9話 転落 レビュー なんか嫌な予感




注意:ネタバレです

落ちていく

ジミーが、ドンドン落ちていくね。
ドンドン、ソウル・グッドマンになっていく。

アイリーンが、かわいそう。

ジミーには、そんな感情もなくなってきてるんやわ。

目的のためには、情けなんかいらん。
利用できるものは、なんでも利用する。

親切なふりして、アイリーンに近づいて。

アイリーンを追い詰めて孤立させる事で、自分の言う事を聞くように仕組んでいった
 

結局、お金に困ってる自分を何とかしたいから
 
サンドパイパーの件も、いずれは自分に報酬の20%が入って来るけど、裁判でケリがつくの
は、いつになるのか分からへん。

手っ取り早く、お金を得るには和解させる方がいいと気付いたから。

全部、自分のためやね。
だんだん、自己中になっていく。

思いやりがあって、優しかったジミーはどこへ行ったん?

効いてるん?

サラマンカ、メッチャ切れてるやん。

流通の仕切りをガスに取られてしもたもんね。

そら、ガスの方が頭ええし、稼いでるからボスにしても任そうと思うわ。

メッチャ興奮したから心臓発作起こしてるわ。
すり替えた薬、飲んだけど落ち着いたやん。

思い込みで聞いてるのん?

でも、心臓にダメージは蓄積されるから、そのうちえらい事になるやろね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)


netflix公式サイトから引用/©1997-2017Netflix.inc

悲しそう

ナチョ、お父さんに打ち明けたんや。

サラマンカが焦ってるからお父さんに流通の話を持ってくるの見越したんやね。

言うとかんと真面目なお父さんは断固として断って警察に行くやろし。

そうなったら、サラマンカに報復されるのは目に見えてるから。

ナチョはお父さんの身の安全のために言うたんやね。

でも、お父さん複雑な感じやん。

自分の事を気にかけてくれてるんは分かるけど、息子がサラマンカの仕事をしてるのは許されへんかってんや。

出て行けって言われてしもた。
ナチョ、悲しそう。

お父さんも悲しそう。
こっちまで、グッとくるわ。

二人とも、なんとか無事でおって欲しいわ。

嫌な予感

キム、頑張りすぎやわ。

今の仕事で手一杯やのに、石油の仕事、引き受けてしもたやん。

今回は、雰囲気的にキムが死ぬんとちゃうかと冷や冷やしたわ。

採掘所で依頼人と別れて車がスタックした場面
 
タイヤの下に敷いた板が飛んできて刺さるんと違うか。

押した車が戻って来て下敷きになるんと違うか。いろいろ嫌な感じがしたわ。

採掘所に車が突っ込んで行った時は、心臓止まるかと思ったで。

突っ込んで爆発するって思ったら止まったからホッとした。

一安心と思ってたら、最後のシーンでバンってエアバッグ開いて、キム血まみれ。

思わずビックリして悲鳴上げそうになってわ。
なんなんやろ?

疲れてたから居眠り運転やったんかな。
車、壊れたし時間に間に合えへんね。

キム、どうなるんやろ。

今まで、うまくいってたのに、なんか嫌な予感がするわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする