ストレイン シーズン1 第13話 マスター レビュー 今頃何言うてるん




注意:ネタバレです

エフとフェットは、ボリバルのシアターを偵察し修復中のマスターの棺を発見する。緊急警報システムの放送を見た保健省長官はCDC局長と共にマンハッタンの封鎖を計画していた。それを阻止するために現れたパーマーとアイヒホルスト。二人は強引な手段で計画を中止させる。黒いフードのヴァンパイアに拉致されたガスは、彼らのアジトで協力を求められていた。マスターを倒すためエフ達は再度、ボリバルのシアターへ向かう。果たして、マスターを倒すことはできるのか。

血しぶきは?

ボリバルのシアターでの戦闘は迫力あったね。

一つ疑問があります。

ヴァンパイアの体液を浴びると虫がいてるから感染するんやった。

でも、あれだけ入り乱れて接近戦してるのに誰一人感染してない。

多少なりとも、血しぶきは浴びる事になると思うねんけど。

これは奇跡か、ご都合主義か、どっちや?

 スカウト

ヴァンパイアも一枚岩ではなかったんや。

黒いフードのヴァンパイアは、マスターとは別の勢力やったんやね。

ガスは戦士としてスカウトされたんや。

ヴァンパイアは昼間活動できひんから人間の戦士が必要やってんね。

マスター側には、パーマがおるから対抗措置が必要やったんやわ。

ヴァンパイアの長老がおるんやね。

マスター側とは、どういう関係なんやろ?

ガスは、さすがやわ。

全く怯えんと、喧嘩売ってるわ。

でも、仲間になる事でお母さんとお兄さんのかたき討ちの助けにはなりそうやね

パーマーは、バンパイアになったわけではないんやね。

虫は体に入ってないんや。

マスターの血を飲んだだけなんやね。

それで病気は治ってしまった。

不死ではないんや。

本人も残念そうやわ。

病気が治って元気になっただけでも喜ばなアカンのに。

フィッツは愛想をつかして出て行ってしまった

パーマーが根っからの悪に染まってしまったのを見抜いてしまったんやわ。

事実、保健省長官をベランダから突き落としてるし。

何の躊躇もなかったやん。

人間やけど中身は人間ではなくなってしまった

スポンサーリンク
レクタングル(大)


ストレイン公式サイトから引用
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
© Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved

ボケてる?

セトラキアン、しっかりして下さい。

マスターが日光にあたっても死なへんのを知らんかったって。

はあ~、今頃なにを言うてるんですかっていう感じやったで。

それって、一番大事なところやんか。

そこが違うと計画が全部狂ってくるのに。

それって、今後セトラキアンの言う事は話半分に聞いとかなアカンって言う事やん。

結局、マスターは昼間にもかかわらず、壁をつたって逃げていきよったやん。

窓の外に倒れこんだ時に、誰かがすかさず首を落としとけばよかったんと違うの。

みんなでボーっと見てたらアカンやん。

このチームちょっと抜けたところがあるね。

まあ、それがリアルなところなんかもしれへんけれど

自己中

ザックは、賢いけど自己中で迷惑な子やな。

家に帰るのは危険や言うてるのに、発作が出たふりしてみんなが家に向かうように仕向けた。

みんなを危険にさらす事になるって分かってへんのかな?

分かっててやってたら悪質やわ。

アルバムのために仲間が命を落とすような事になったらどうすんの?

案の定、ヴァンパイアになったケリーが現れた

悲しいね。

今までは、想像だけやったけど姿を見てしまって確信に変わってしもた。

エフも現実を知って悲しそうやね。

マスターには決定的な弱点を握られてしもたね

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする