【海外ドラマ】アンブレラ・アカデミー シーズン2第6話 エリオット、いい奴やったのに……




注意:ネタバレレビュー 「第6話 軽食への招待」

umbrellaacademie

NETFLIX公式サイトから引用/©1997-2020Netflix.inc

原作・製作:スティーブ・ブラックマン
出演:エレン・ペイジ(ヴァーニャ)
   トム・ホッパー(ルーサー)
   デヴィッド・カスタニェーダ(ディエゴ)
   エミー・レイヴァー=ランプマン(アリソン)
   ロバート・シーハン(クラウス)
   エイダン・ギャラガー(ファイブ)
   ジャスティン・H・ミン(ベン)
   リトゥ・アリヤ(ライラ)
   ユスフ・ゲートウッド(レイモンド)
   マリン・アイルランド(シシー)
   アダム・ゴドリー(ポゴ)
   ケイト・ウォルシュ(ハンドラー)
   コルム・フィオール(レジナルド・ハーグリーブズ)
   キャメロン・ブリットン(ヘイゼル)
   メアリー・J・ブライジ(チャチャ)

アリソン

ある意味、アリソンの能力は最強かもしれない?
「うわさを聞いたの」このひと言で誰でも意のまま。
これって、あやつられてる本人は自覚あるのかな?
「俺って、そんなことしたくないのに」って思いながらあやつられてるのかな?
もし、そうやとしたら地獄。
正気に戻った後、ものすごく後悔しそう。
いっそのこと、記憶がない方がいいね。
レイモンドが試着しまくった店の白人男は激しく後悔してるやろうね。
でも、レイモンド紙袋一杯持って出て来たから店にとっては、ええ客やん。
まさか、アリソンの能力で金を払わずにということはないよね。
しかし、アリソン調子に乗り過ぎたね。
せっかく、レイモンドがアリソンの能力を受け入れそうになってるのに逆効果。
なんで、カフェで仕返しをしようとしたの?
恨みがあるとはいえ、せっかくええ感じになってたレイモンドが怖がってる。
カフェの男の手が熱いコーヒーでズルズルになってるよ。
これって、感染でも起こしたらえらいことになるよ。
これは、さすがにやり過ぎ。
座って、なにごともなくコーヒー飲むだけでよかったやん。
ええ雰囲気がぶち壊し。
レイモンド、めっちゃ引いているよ。

邪魔者は消せ

ハンドラーは、左遷されたのがよっぽどムカついたんやろうね。
はらわた煮えくりかえって、怒りが収まらんかったみたい。
ある意味パワハラやけど、自分もパワハラやりまくってたやん。
この手の人は、人にやられたら激しく怒りまくるけど、自分のやったことは覚えてない。
めんどくさいタイプの人。
なにがあっても、自分のやることは全て正しい。
自分のやることに間違いなんかあるはずがない。
どうしようもない自己中。
コミッション幹部の暗殺を企ててるけど、ファイブにやらせようとするところがズル賢い。
ハンドラーが幹部を暗殺したとバレたら、空いた幹部の椅子に座ることができない。
ファイブも受けるしかないよね。
世界の終わりを防ぐ方法が、サッパリわからん。
おまけに兄弟姉妹は、それぞれ好き放題にやってる。
なんか、ファイブひとりが頑張ってるやん。
見た目は半ズボンの少年やけど、一番年上やもんね。

家族会議

ハーグリーブズにしたら、気持ち悪いはず。
突然、自分の子供やという見たことも会ったこともない奴が次々と現れる。
未来から来たといってるけど、それを証明するものはなにもない。
ファイブが叫んでたのは、ホメロスの一説。
ギリシャ語で叫んだからハーグリーブズは反応したみたい。
そういえばポゴにもホメロスを読んで聞かせてた。
愛読書やったんかな?
数えきれないほどある本の中から、自分の愛読書の一説を叫ばれたらハッとする。
「なんで、知ってんねん?」ってなるよね。
家族会議って、グダグダやん。
全く話が噛み合えへん。
でも、さすがハーグリーブズ。
人を見る目はあるね。
短い時間でファイブが一番話がわかると見抜いた。
家族会議も全くの無駄に終わった。
結局、ハーグリーブズは信じてないんやろうね。
見た事もない自分の子供やという奴らから世界の終わりと言われてもピンとこないはず。
エレベーターの中でのルーサーの屁こきはいる?
もう、ドリフのコントの域やん。
兄弟姉妹のなかに、ズラ被ったカトちゃん混ざってても気づかんぐらいの域やん。

白いフンドシ誰トク?

白いフンドシいっちょうで大股開いてるクラウス。
こんなん間近で見せられるベンも迷惑そう。
見たくないけど視界に入る地獄。
結構、長いことフンドシいっちょうのシーンが続くけど誰トクなん?
その手の趣味を、お持ちの方には好評なんかな?
デイブのためにやったことが裏目に出てしまった。
これが時間軸に介入して狂わしてしまった悪い例やね。
戦争に行くのを阻止してデイブが命を落とすのを防ごうとしたのに。
デイブに会って説得したことで入隊を早めてしまった。
預言者かなんか知らんけど、デイブにしたらクラウスは自分の理想を邪魔する奴でしかない。
だって、愛し合った記憶はないし、自分がゲイであることに気づいてないから。
クラウス、ショックが大きそう。
自分のしたことでデイブを危険な状況に追い込んでしまった。

かかわったばっかりに

スウェーデン人の殺し屋、前回は兄弟を殺されてかわいそうと思ったけど、撤回。
こいつら、あかんわ。
弱い奴は、とことん追い込みよる。
エリオットなんか、ちょっと脅したらそれでよかったのに。
荒っぽいことに慣れてないから、ビビッてペラペラしゃべるやん。
なにも殺さんでもよかったやん。
それも、かなり残虐な殺し方。
これは、苦しかったやろうね。
最後は、気が狂いそうになりながら息を引き取ったパターンやん。
まるで、殺しを楽しむかのようなやり方。
やっぱり、こいつらおかしい。
兄弟の痛みは物凄く感じるのに、他人の痛みは全く感じないおかしさ。
エリオット、なにも悪いことしてないのにあんまりやん。
むしろ、兄弟姉妹たちを助けて親切にしてくれたいい印象しかない。
ドラマも現実も一緒なんかな?
ええ奴ほど早く死んで、悪い奴ほど長生きするって言うもんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)



スポンサーリンク
レクタングル(大)