【海外ドラマ】ウォーキング・デッド ワールド・ビヨンド シーズン1第3話「虎と子羊」レビュー




注意:ネタバレです

worldbeyond
amazon公式サイトから引用
© 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates

第3話:「虎と子羊」レビュー

また、単独行動のホープ。サイレンを鳴らしてエンプティをおびき寄せるため、建物にひとりでむかう。危険な予感。エンプティを出くわしてしまうのではないかと心配したが、どうしたエンプティ?エンプティの姿が全く見えない。もしかして寝てるのか?進化したエンプティは人間の時の習慣を思い出して夜になったら眠るのか?そんな事を考えていると、いきなり場面が変わって建物の中へワープ。突然場面が変わってビックリした。何が起こったのかポカーンとなってしまった。無線で仲間を叩き起こすホープ。他の3人は気づかなかったのか?同じ場所で寝ていたのに、またまたホープが起きて行動を起こすのに気づかなかった3人。警戒心なさすぎ。見張りを立てるという考えはないのか?エンプティがウロウロしてるところで熟睡とは、バカなのか度胸があるのか理解出来ない。

あわてて3人も建物を目指す。目指したのは、さっきまでホープがいた事務所のような建物。同じ場所を目指すなら、ここまでは一緒に来たらよかったのに。それはそうと建物の中の安全確認したのかな?全くエンプティが出てこない。本家のウォーキング・デッドなら、ウォーカーが出て来て襲われるパターン。ワールド・ビヨンドのエンプティは、やる気なさすぎ。弱すぎる。すぐに襲うのをあきらめる。襲う時も集団での波状攻撃がゾンビの怖さなのに、なぜか単発でしか襲ってこない。紳士的なの?なんで?ドアの開かない部屋。ノブをガチャガチャやっても開かないドア。この感じ。ええ感じ。絶対中におるで。絶対おるに違いない。やっと本格的にエンプティと戦うのかと期待した。パニクりながらの緊迫した戦い。噛まれた終わりの緊張感。ドアが開いて、腕が出た。やっぱり、エンプティ‥‥。フェリックス?どこから、どうやって来た?なんで反対側から来れた?4人が屋上にいた時に、追い抜いた?それについての説明は一切なし。細かい事にはこだわるなと暗黙の了解。

stove

ホープからの連絡。いよいよサイレン鳴らして作戦開始か。でも、そんなにうまくはいかない。何年も雨ざらしで放置されていたからレバーが劣化。根元からポッキリ折れてしまった。もう、あきらめて他の手でも考えるのかと思っていたら、まさかの分解!バラバラになってるやん。もう、目が点になる。なんの知識もないのにバラバラに分解するなんてあり得へん。でも、ちょっと待って。あれだけ分解するのには、それなりの工具がいるはずなのに、どこから調達した?元に戻されへんと、無線で泣きごとを言ってたわりにはテキパキと修理を終えてしまった不思議。サイレン鳴らしたら、やっぱり集まってくるエンプティ。ここは本家のウォーキング・デッドど変わりなし。作戦開始でダッシュ。サイレンで集めたはずだけど、集まらなかったエンプティ―が追いかけてくる。でも、あんまりやる気ないみたい。緊迫感が感じられない。なんか、ノロノロし過ぎ。意地でも噛んでやるぞという気迫が感じられない。ぬかるみにハマって動けなくなるエンプティ。バラエティ番組のお笑い芸人に見えてくるほのぼの感。なぜか振り返って立ち止まるホープ。なんで、ほっといて走り抜けないの?おもむろにライターに火を点けるホープ。まさかライター捨てないよね?油にそっと火を点けるだけやんね?これからニューヨークまで行くのにライターって大事なはず。そんな投げるなんて自殺行為しないよね。まさかと思っていたら、投げよった!バカなの?なんで、投げるの?投げんでも、火は点けれてたよね?投げる意味が全く分からない。こんなことしてたらニューヨークまでもつはずない。ホープには物資持たせたらアカンわ。誰か~、わかる人~、ホープの物資持ってあげて~。

市民共同体によるキャンパスコロニーでの虐殺。納得できない隊員がエリザベス中佐に悩みを打ち明ける。20万人のコロニーを運営するためにやったこと。食料とかエネルギーを独占するため?20万人を生かすためには9000人を犠牲にする。犠牲の上に成り立った平和。選ばれた人たちのみが人間らしい生活を送れる世界。音楽かけて、電気全部つけて、ガス全部つけて、何がしたい?落ち着くの?安心するの?こんな事ができるのも犠牲があるからこそと隊員を諭すエリザベス中佐。でも、虐殺する事ないのに。その労力だけでもかなりのもの。コロニーが力をもって侵略を企てることを心配しているのか?かつてニーガンが率いていた聖域のように。エリザベス中佐の言ってることは頭で理解できるが、虐殺の光景が忘れられず理性が拒否して納得できない隊員。その場で射殺されるのかと思った。部屋が汚れるし、そこまではしないか。説得も無駄に終わった。この隊員ひとりではないはず。何人にも同じことを言ってきたはず。連行される隊員。修正教育を受けて改善しなければ処分されるのか?ストレス発散?音楽かけて、電気全部つけて、ガス全部つけて。エリザベス中佐自身も納得できてない様子。エネルギーを使いまくれる現状を確認して無理やり自分を納得させてるようにもみえる。所詮、中佐。中間管理職。支配者の意向に従うだけ。20万人のコロニーの中には、瀕死の重傷で連れ去られたリックも生存しているのか?もしかして、最終話で姿を見せたりするのかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)



スポンサーリンク
レクタングル(大)