【海外ドラマ】ウォーキング・デッド ワールド・ビヨンド シーズン2 第7話レビュー(ネタバレ)




注意:ネタバレ

worldbeyond
amazon公式サイトから引用
© 1996-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates

第7話:「血と嘘」レビュー

ライラが裏切ったと思ってしまった。
ライラがジェイディスにカミングアウト。
レオがサンプルを盗んだとカミングアウト。
「私が失くした」と言うはずだったのに面食らったレオ。
信じていたのに裏切られて落胆しショックを受けるレオ。
しかし、全てはレオを助けるためのライラの考え。
全てを告白した上で研究にレオが必要な事を力説。
レオが必要な人間と認められれば助かる可能性がある。
それが裏目に出てしまった。
研究に協力する条件でレオは助かった。
レオを助けて安堵するライラ。
しかし、ジェイディスは冷酷だった。
ライラの嘘を見抜いていた。
レオを助けるための嘘。
被検体が死んでから8時間。
研究は成功し、そこには動かない死体があるはずだった。
しかし、ライラの予想に反して死体は動いていた。
研究は失敗。
ジェイディスの中でスイッチが入る。
必要のない人材。
裏切り者には償いを。

ハックを試すジェイディス。
被検体の拘束を解くようにハックに指示するジェイディス。
困惑するハック。
しかし、やらなければ自分が疑われてしまう。
裏切り者だと判明すれば自分もウォーカーの餌食にされてしまう。
だからと言って、ここでジェイディスを撃てば一生軍から追われる身になってしまう。
究極の選択。
誰しも自分が一番かわいいもの。
その選択が間違っているとは思わない。
被検体の拘束を解いてドアを閉めるハック。
閉じ込められたライラをウォーカーが追いかける。
叫び逃げ回るライラ。
ウォーカーとの戦闘経験がなければこうなるのは目に見えている。
これがハックならウォーカーの頭を壁に打ち付けて倒していただろう。
逃げ回るうちにネズミのようにドンドン体力がなくなっていくライラ。
ウォーカーに疲れはない。
無限に動き回る事ができる。
逃げれば逃げるほど劣勢になっていく。
しかし、戦う術のないライラは逃げるしかない。
捕まり食われるライラ。
ガラスが赤く染まりライラの姿は見えなくなった。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大






スポンサーリンク
レクタングル大