【海外ドラマ】フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン5 第1話「助けを呼ぶ声」レビュー(ネタバレ)




注意ネタバレ

fearthewalkingdead
amazon公式サイトから引用
© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

レビュー

いきなり、子供が出てきて、誰やったっけ?前シーズンに、こんな子供いたっけ?間が空いたから忘れてる。確か、デニム工場に辿り着いて終わっていたはず。いきなりの飛行機墜落。さっそうとアリシア登場。普通の女の子がアマゾネスにジョブチェンジ。強すぎる。この強さは、どこから来るのか?母親のマディソン譲りの強さ?あんな大きな鉄くずを素手で振り回すとは、改造手術でも受けたのか?そもそも、なんで飛行機なんかに乗っている。軍人でもない、ただのジャーナリスのアールが飛行機操縦してる。飛行機の免許持ってるの?もしかして、一か八かで飛ばして操縦ミスで墜落したとか?もし、そうなら無謀すぎる。その飛行機に乗る仲間たちもいかれてる。シーズン5の幕開けからルシアナが退場するのかと思う展開。墜落の衝撃で肩を串刺し状態。大きな血管にあたってたら助かる見込みは極めて低い。でも、ご安心。数センチずれていて致命傷にならなかったお約束。主要キャラは、どんなに大怪我をしても死なない法則。まだ、死んではいけない役割があるみたい。モーガンとアリシアの二人のスタミナは無尽蔵。あれだけのウォーカーを倒しまくるなんんて怖いもん無し。もはや、ウォーカーは害虫レベルまで弱体化。脅威とはなりえないのか?あの意味深な看板は何?危険地帯とか書いていた。ヘルメットかぶったウォーカーも他の奴とは違う出で立ち。この場所には、何か秘密が隠されてそう。

相変わらずのお人好し。この人の行動に振り回されるのは恒例行事。無線で助けを求めて来た人を助けるために決死の飛行。人助けに目覚めたモーガンの一日一善。助けに行って危険に巻き込まれていたら本末転倒。子供たちの方が冷静に物事を分析している。無線の事を疑っている。結局のところは騙されていたモーガンたち。デニム工場に見張りがいない展開。いくら鍵をかけても無駄。物資を狙う奴らが侵入してくることを想定せず。防犯意識ゼロ。おびき寄せられたモーガンたち。今度の敵は、ローガンなのか?クレイトンとは、かつての仲間。でも、本心は、納得できず取り返そうとしていた。まんまと罠にはまってしまったモーガンたち。子供たちの忠告は聞いておくべきだった。もぬけの殻の中継所にノコノコ入って行くのも警戒心ゼロ。爆薬でも仕掛けられていたら一網打尽。ローガンは、そこまで非情ではないのかもしれない。血を流さずにデニム工場の奪還できる方法を考えた。もしくは、爆薬なんか手に入らない?争いを避ける選択をしたのなら、仲間になる方法もあるかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

aircraft

中継所でも、ウォーカーを倒しまくるアリシア。マディソンの霊でも乗り移ったのか?それにしても、太った?太ももの辺りがパンパンになってる。どちらかと言えば、素手でウォーカーを倒しまくっていた父トラヴィス譲りの戦闘能力。腸で繋がれたウォーカーで通せんぼ。こんな面倒くさい事をするとは暇なのか?かなりの危険を伴う行為。いったい、誰への警告なのか?サラとウェンデルのビール造りは続けられていた。でも、理想のビールには程遠い。ジムの死に際の秘密のレシピ。それだけでは、難しい現実。レシピだけで出来るなら職人なんかいらない法則。

ビデオを見つめるヴィクターが固まっている。一人こっそりビデオを見つめるヴィクター。これは、固まってしまう。一難去ってまた一難。生きてるとは、しぶとい。生きてた事に驚き。あれ、死ぬような目にあってたっけ?なんかボヤッとしか覚えてない。でも、ヴィクターが、目をむいてビックリしてるから死んだと思われてたに違いない。史上最強の散髪屋。ウォーキングデッドシリーズの中では、間違いなく最強のダニエルが生きていた。軍隊で暗殺専門部隊にいた経歴。この人には、キャロルもかなわないに違いない。まともな善人なら味方としては心強いかもしれない。でも、ちょっといかれてるから怖すぎる。目の敵にされていたヴィクター。心臓バクバク状態。ビデオに映るダニエルをガン見状態。頭の中は真っ白。ダニエルが何を語っているかも上の空。身の安全を確保しなければならない。自分が生きている事がダニエルにバレたら、確実につけ狙われる。顔面蒼白のヴィクター。でも、この人したたかで強運の持ち主。そんなに心配しなくてもいいような気がする。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)