【アニメ】SSSS.GRIDMAN【グリッドマン】第6話「接・触」見所(ネタバレ)<主役不在>




注意:ネタバレ

gridman
SSSS.GRIDMAN公式サイトから引用
Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

レビュー

今回は不思議な雰囲気。これは現実か夢なのか?主役のグリッドマンの出番がない。主役の出番がないなんてどうなってるの?新条アカネが気になる裕太。気にならない方が不自然。「あなたが変身してるんでしょ?」意味深な言葉。本当なら、なぜ変身することを知っているのか?モヤモヤした思いが一人の少女と出会った事で解消された。怪獣族の少女。怪獣少女アノシラス(2代目)。2代目とは、初代がいたの?どことなくアンチと似ている。もしかしてアンチと兄妹とか?もしそうならアノシラスも巨大化して怪獣に変身できるはず。アンチのようにグリッドマンに敵対心は持ってないみたい。アンチがグリッドマンを血眼になって倒そうとしてる理由も知ってるはず。でも、今はその事には触れず。怪獣族と証明するために顔がデカくなるのは怖すぎる。この街は作られた街。新条アカネが創造した街。この世界ではアカネは神に等しい存在。怪獣が街に現れるのはアカネが気に入らない人たちを消し去るため。そのためだけに怪獣は出現する。裕太の失われた記憶。そこに鍵が存在するはず。しかし、記憶は一向に戻る気配がない。

六花は、底抜けにお人好し。街でアンチと再会。腹が減ってゴミ箱を漁っている。やってる事はホームレス。帰る家もないはずだから本物のホームレス。普通なら絶対に関わり合いになりたくないはず。それなのに自分から進んで声をかけてる。捨て猫をみつけたような感覚なのか?におったらダメでしょう。臭いのは想像出来たはず。だからと言って家に連れて来て風呂に入れるとは危険な香り。自分より年下とはいえ裸にして洗ってあげるとは信じられない。こんな事をするなんて、お人好しを通り越してしまっているよ。万が一、アンチが危険な奴で豹変するとか考えなかったのか?良い娘の皆さんは、知らない男の子を家に連れて来て風呂に入れたりしたらダメですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

fog

知りたい事を知る事が出来ずにイライラするアカネ。街を創造した神なのに、人の心までは意のままにならないんですね。将に接近するアカネ。片思いの将にしたら絶好のチャンス。怪獣好きのアカネの意外な一面。いきなり裕太の事を聞き始めるアカネ。これは、いきなり奈落の底へ落とされた。自分に興味を持ってくれていたのではなく、親友の裕太の事を聞きたかったから近づいただけの事。ショック。イライラするアカネが怖い。下を向いて声が低くなるのが怖い。キャピキャピしたアイドルっぽい感じが消えて行く。将も何かを感じ取ったみたいで裕太の事に関して口をつぐんだ。アカネも空気を察知して諦めてしまったね。

アカネに焚きつけられて裕太を襲うアンチ。サムライ・キャリバーとマックスが裕太を守る。グリッドマンと怪獣の戦闘シーンはなかったけど、アンチ対サムライ・キャリバーとマックスの戦闘シーンは大迫力。武器が一瞬で現れてくる。アンチは今回は怪獣に変身せずに人型のまま戦っている。自分の勘違いに気付いたね。裕太=グリッドマンではない事に気付いたね。アンチの敵は、あくまでもグリッドマン。二人の間に、どんな因縁があるのやら。律儀な子。きっちりとアカネに報告しに来た。てっきり裕太を殺してくれると思っていたアカネがブチ切れる。スマホをアンチに投げつける。アカネは感情をコントロールする事ができない。他で猫を被っているためか、ストレスMAX。

全ての元凶は、こいつなのか?アレクシス・ケリヴ。いったい、何者?宇宙人ではないらしい。今まではパソコンのモニターの中でおとなしくしていた。それが今回は屋根の上に実体化していた。モニターの中にいたのは自分の意志で入っていたのか?情緒不安定のアカネに見切りをつけたのか?アレクシス・ケリヴの力がなければアカネもただの少女なのかもしれない。同じくモニターの中にいるグリッドマンも実体化して出て来れると言う事か?作られた世界。駅の看板がおかしい事に気付いた。ツツジ台の駅。次の駅もツツジ台。前の駅もツツジ台。どれだけ電車に乗ろうともツツジ台から出る事は出来ない。いったい、この世界はどうなっている。閉じ込められた箱庭。こちら側こそモニターの中の仮想世界なのかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)