スタートレック ディスカバリー[シーズン1]第1話 [バルカン式の挨拶]レビュー[船の名前が言いにくいわ]




注意:ネタバレです

あらすじ

USSシェンジョウは故障した通信衛星の調査をしていた。

通信衛星は明らかに何者かに破壊されていた。

周囲を索敵するシェンジョウ。

隕石が飛び交う中に未確認物体を発見する。

だが、それはセンサーの死角に入り詳細を確認することが出来ない。

おまけに周囲は磁場が乱れ通信も遮断されてしまう。

確認するには近くまで行く必要がある。

シェンジョウの副船長、マイケル・バーナム中佐が行く事となる。


netflix公式サイトから引用/©1997-2017Netflix.inc

しかし、宇宙空間には放射線が飛び交っている

宇宙服を着ていても二十分が限界。

それを過ぎると遺伝子が次々と破壊されて死に至る。

宇宙服に身を包み未確認物体に着地するマイケル中佐。

後ろから何かが接近してくる。

相手の鎧のような宇宙服にはクリンゴンの紋章が入っていた。

突然、持っていた剣で攻撃する謎の人物。

マイケルはスラスターに点火して相手に体当たりをした。

はずみで相手の体に剣が刺さった。

そのまま飛ばされたマイケルは気を失ってしまった。

気が付くと船内。

放射線の影響で体は、あちこち焼けただれてしまった。

体の周囲を治療をするための機械が動き回っている。

マイケルは急いでブリッジに行き自分が見た光景をフィリッパ船長に報告する。

しかし、この百年人類はクリンゴンと接触していなかった。

にわかには信じる事ができないクルー達。

放射線の影響で幻覚を見たと思われている。

自分の見たものを信じてもらうため未確認物体に攻撃をすることを提案する。

半信半疑で光子魚雷の照準を合わすクルー。

その瞬間、クリンゴンの船が眼前に出現した。

こちらの呼びかけに対して沈黙するクリンゴンの宇宙船。

このままでは敵の援軍が到着してしまう。

マイケル中佐は部屋に戻り、かつての師であるバルカン人のサレクに相談した。

感想

宇宙大作戦から10年前の時代設定。

バルカン人も出てきます。

スポックみたいなとんがった耳と前髪パッツン

スポンサーリンク
レクタングル(大)

名前はサレク。

似てるはず、スポックのお父さんやった。

宇宙船の名前が言いにくい。

シェンジョウ。

何をイメージして決めたんやろう?

エンタープライズって、カッコよく聞こえるし分かりやすい。

シェンジョウって、???て言う感じ。

何回も聞きなおしてしまいそう。

英語圏の人にはカッコよく聞こえるのかな?

以前のシリーズにはカトーという日系のクルーがいた。

その関係で日本語のセンジョウ(戦場)が訛ってシェンジョウになったとか?

映像が凄い。

宇宙服を着て未確認物体に向かうシーンは、よくできていてリアル。

スラスターが動いて点火。

無重力の宇宙空間。

一気に体が押し出される。

そのままビューンと進んで。

目的地直前で逆噴射で停止。

映画かなと思うぐらいの豪華なつくり。

これがテレビドラマとは驚き。

かけてる予算が日本のテレビドラマとは桁違い

日本のテレビドラマがお粗末すぎて観る気がしなくなる。

バーナム中佐が主人公。

シェンジョウの副船長。

それにしてもバーナム中佐は、なんで一人で未確認物体の確認に行った。

船長も一人で行かすのはアカンでしょ。

サルーがビビッて行かんかったからって「ああそう」て一人で行かすのは判断ミスやわ。

誰か代わりの者はおらんかったん?

一人で行くからクリンゴンの衛兵に襲われて漂流するはめになるんよ。

二人いたらクリンゴンの衛兵が近づくのも気付いたやろうし、飛ばされて漂流しそうになってもどちらかが助けに行けたはず。

一人で行かすから漂流して放射線を浴びる事になってしまった。

未来の技術は凄いね。

放射線を浴びて瀕死になっても助かるんやね。

バーナム中佐はちょっと強引過ぎるね。

軍隊では上官には絶対服従のはず。

それなのに、船長に「クリンゴンの船を攻撃しろ!」ととんでもない事を言うてる。

その根拠がバルカン人が先制攻撃をしまくったらクリンゴンが話し合いに応じたというサレクの話。

状況が違うでしょ。

バルカン人の船は地球人の船よりも先を行く技術を使ってるから戦闘能力が違うでしょ。

それを、今現在の状況に当てはめて「攻撃しろ~!」は気が狂ったんかと思われるよ。

副船長になるからには沈着冷静で論理的に物事を分析する能力に秀でていると思われる。

でも、バーナムはサレク先生が言ってるから間違いないと妄信してしまってる。

それにバーナム中佐は両親をクリンゴンに殺された過去があるから、余計に私怨で血迷ってるのかと思われてしまう。

別室で船長と話しているのに突然、船長の気を失わせて攻撃しようとするし。

自分が部下の立場なら「勘弁してくれよ」と絶対思うわ。

結局、クリンゴンは援軍を呼んだから。

絶体絶命は変わらんみたい。

あそこで攻撃していても援軍がきたらボコボコにやられてたかも。

それにしても、見入ってしまった。

あっと言う間に時間が過ぎてた。

なんか引き込まれてしまう。

シーズン2まで決まっているみたい。

ちょっと気合を入れて観て行こう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

コメント

  1. フェイク より:

    USSシェンジョウは、漢字で書くと「神舟」となります。
    これは中国が打ち上げたロケットの名前と同じなので、おそらくそこからきているのでしょう。
    また、カトーですが、正式には「ヒカル・スールー」といいます。
    昔は「スールー」という名前が日本人は覚えにくいとのことで「カトー」に変更されたそうです。