【海外ドラマ】ストレンジャー・シングス シーズン3第3章「消えたライフガード事件」見所(ネタバレ)




注意:ネタバレ

strangerthings
netflix公式サイトから引用/©1997-2019Netflix.inc

レビュー

いつまでも子供じゃない。懐かしのD&D。ウィルだけが、おいてきぼり。昔のようにD&Dをやろうとする賢者ウィル。それなのにマイクとルーカスは上の空。彼女が出来て完全にウィルと垣根ができてしまった。みえる世界が別。もう、D&Dなんてやっている場合じゃない。現実世界には、もっとワクワクする事が広がっている。エルにふられたマイクは気が気じゃない。マックスに何回もふられたルーカスが助言を与える。D&Dどころじゃない。ウィルだけが、おいてきぼり。悲しくて涙が溢れてくる。秘密基地に一人ぼっち。やりきれない想いで怒りが込み上げてくる。秘密基地をバットで壊すウィル。怒りと悲しみの結果。

そんな簡単に超能力を使っていいの?マイクの様子を探るエル。見ない方が良かった。完全に無防備状態。ゲップはするは、屁はこくは。誰も見てないと思うのが大間違い。エルの能力は知ってるはず。でも、まさか、超能力を使って見に来るとは思っていない。また、部屋の扉が閉まっている。8センチのルールは、どこ吹く風。ブチ切れるホッパー。拍子抜け。部屋の中に、マイクの姿はどこにもない。女の子同士なら、何の問題もない。ブチ切れた自分がバカみたい。あれだけ脅せば大丈夫。マイクは二度と来ないだろう。大事な娘にむらがる害虫駆除は父親の役目。でも、エルはいつまでも子供じゃない。ホッパー、いつになったら気付くのか?

空気の読めないジョイス。ホッパーが待ちぼうけしたのを何とも思っていない。さすがマインドフレイヤーから大事な息子を助けたおかん。心臓に毛が生えているのか?バカなのか?それともホッパーの事を何とも思っていないのかもしれない。おっさんの片思い。ホッパー寒すぎる。頑張れ。やっぱり、あの研究所。ジョイス、一人で行こうとしているけど無謀すぎる。辛い記憶が蘇る。廃墟になった研究所。あの場所で鮮明に記憶が蘇る。思い出したくない記憶。忘れようとしても忘れられない記憶。心の深くに刻まれて一生消えない傷。最愛のボブの死。一瞬の油断が死を招く。呆然とするジョイス。大丈夫かジョイス?ホーキンスにいるとウィルがまたおかしくなるかもしれない。ボブを亡くした辛い記憶。ホーキンスから出ようとしている事実。自宅を売りに出しているジョイス。ホッパーが引き留める。ホーキンスの治安を守るのは自分の務め。何があっても守る覚悟。誰もいない研究所にターミネーター出現。KGB?ソ連の殺し屋?不意打ちをくらうホッパー。このターミネーター、メッチャ強い。かけつけたジョイス。危ないと思ったら、拍子抜け。バイクで逃げるターミネーター。ホッパーに止めを刺さない不思議。生かしておいていいのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

tarminater

ロビンが凄すぎる。翻訳して暗号解読までしてしまった。こんなに有能なのに、なんでアイスクリーム屋でバイトなんかしてる?もっと、ふさわしい仕事があるはず。ロビンがいなかったら話が進まなかった。スティーブとダスティンのマブダチコンビでは不可能。双眼鏡を覗き込んでモールの中の邪悪なソ連人捜し。長身、金髪、無表情、ダッフルバッグ。ビンゴ。のはずが、オネエのようなインストラクター。ハズレ。こんな事を百年続けても陰謀にはいきつかないはず。まるで助言するダスティンがスティーブの兄貴分みたい。完全に年齢がひっくり返っている。シーズン1の頃のスティーブのキャラはどこへ行った?面影なし。でも、憎めない。頑張れと応援してしまう。もう、こうなったら主役はスティーブでいいよ。やっぱり、このモールはおかしい。モールの搬入口に銃で武装したソ連人。絶対にありえない光景。武装して何を守っている。双眼鏡の取り合いするとは幼稚園児か?見つかったらハチの巣にされるかもしれない状況。緊張感と言う言葉を知らない失態。危なかったね。間一髪身を隠す事が出来た。

ドリスコルさんが怖すぎる。肥料を貪り食うお婆ちゃん。まるでゾンビ。記者にバカにされるナンシー。相当腹が立ったはず。これってパワハラやん。今の時代なら即アウト。昔は、こんな事がまかり通って泣き寝入りしている人が沢山いたんやろうね。意地になってドリスコルさんが捕まえた狂暴なネズミを保健所で調べてもらおうとしている。遅かった。最初に行った時にネズミを預かって来るべきやった。保健所で検査をすれば異常である事は明白。そうは言っても、後の祭り。もっと大きな収穫があった。おかしくなったドリスコルさん。でも、これって単にボケ老人と勘違いされるかもしれない。精密検査をすれば人間でないことが分かるのかな?あのドロドロになったネズミが関係しているに違いない。ナンシー、これで記者たちをギャフンと言わせられるかもしれない。それにしてもジョナサンが空気。ただの運転手になっている。ナンシーの言う通りに車を運転して連れて行くアッシー。この人もシーズン1からキャラ変わり過ぎかも。

エルの能力で見たヘザー。明らかに何かに捕らえられて助けを求めてる。絶対に何かが起こっている予感。ビリーが関与している予感。家に行ったら拍子抜け。普通やん。普通に和やかに食事している。ビリーも普通。でも、ヘザーの姿が無いと思ったら、普通に出て来た。どこかを怪我している様子もない。妙に物静かなビリーが不気味。エルと戦う事を避けたのか?やっぱり、おかしくなっていた。ビリーだけでなく、ヘザーまでもがおかしくなっていた。この父親、新聞社の編集長やね。小さな町やから、思わぬところで繋がっている。両親は、乗っ取られていなかった。ビリーとヘザーがおかしくなっている事を知らなかった。瓶で頭を殴られるなんて痛そう。実の娘に殴られるとはショック。殴られる理由が何なのか頭の中を駆け巡る。それが得体のしれない裏の世界のモンスターとは予想の範囲外。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)